Cynthia Street の目次ページに戻る


Cynthia Street 2003年07月の伝言板

 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2003年08月    の伝言板を読む
2003年06月    の伝言板を読む


空想話です 投稿者:betti  投稿日:2003年07月28日(月)23時21分40秒
前回のメールは個人的なもので申し訳ありませんでした。トナカイさんとu3さんが
お会いされるので、僕の近所にミズホ銀行が近所にないものなので、わざわざ会報等を
大阪まで届けていただきシンシアの話しを色々とさせていただいたわけです。
それが嬉しくて、失礼な書き込みをしてしまいました。お許しください。
いただいたものは徹夜で読ませていただきました。本当に感謝します。

ところで・・・、お二人にお会いし、話しをさせていただき刺激を受け、
その上に近日旅行に行きますので、まだまだ昔の車ですので、カセットしかありません。
しかし、これは一つのチャンスです。昔ながらの技術でもまだついていけます(笑)。

『1度限りのシンシア復帰コンサート』があるとすれば、どんな曲順を望まれますか?
できれば、70年代現役時代のA面を極力避けて・・・。今日は休みだったので、そんなことを
考えていました。
僕としては、「約束」から始まり、メドレー、初期の沖縄関係(例えば、「妹よ」)
「うみ・そら・かわ」で休憩 → 海外ポップス(これは割と派手目のやつ)、
他人の歌(「さらば恋人」とか。シンシアは他の人の歌も歌っていますよね)、
『哀しい妖精』の頃の沖縄関係の歌、後半の明るそうな歌、
そして最後は『ファンレター』かな?

何かそんなばか話をこの掲示板でしてみたい気もします。

会報とか読ませていただいて羨ましく思います。もう少し早く生れていればって。
時間の共有って難しいものですね。やりたくってもできなかった。トナカイさんやu3さん、
そして五日市のファンさんの『絆』の深さには、羨ましささえ感じます。

大阪は夏空 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月28日(月)02時10分47秒
 今、大阪に来ています。例年に無く梅雨けが長引いています。朝出かける時、
東京は晴れていました。でも梅雨の晴れ間の太陽です。大阪は、昨日かな梅雨明けした
との事でした。

 新幹線の新大阪駅で下りた時、ホームに差していた太陽は夏の太陽でした。
同じ太陽の陽なのに、こんなに違うものかと驚きました。

 下のbettiさんの投稿を補足説明します。先週、『青春の絆』17−01号が欲しいと
メールをいただきまして、住所を聞いたらこちらの人でした。たまたま私が大阪に行くので、
こちらで会って渡しましょうという話になり、今日会いました。このHPの管理人のu3とも
一緒に会いました。

 bettiさん、今日はありがとうございました。私としては、今年初めての夏空を見て、
思わず、「夏の感情」を口ずさみました。

トナカイさん・u3へ 投稿者:betti  投稿日:2003年07月27日(日)21時04分14秒
今日は本当に楽しかったです。本当にありがとうございました。また誘ってください。
旧交を温められることを何より期待しております。

良いですね。やっぱ遅れてきた世代には分からないファン同士の友情みたいなものを
感じました。また誘ってください。

『青春の絆』17−01号は発行中です。 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月24日(木)23時42分10秒
 17会の会報『青春の絆』17−01号は、絶賛発行中です。プリンターで打ち出すので、
少し時間がかかりますが。これから欲しい方は、どうぞ私あてにメールを下さい。
お待ちしています。

 少し先ですが、今年はシンシアの引退25周年でもあります。1978年10月7日に、
調布グリーンホールでのさよならコンサートで、シンシアは引退しました。
あれから色々ありましたが、その近辺の10月5日(日)に、集まりたいと思います。
この日は皆さん、空けておいて下さい。

年を感じる 投稿者:五日市のファン  投稿日:2003年07月24日(木)15時06分36秒
私の町五日市にも、みずほ銀行は無いですね。私も書留でよろしければ、
/青春の絆/をお願いしたいのですが、今からでは遅いですか。
それにしても今月は、シンシアと岡崎友紀さんが50才になれらます。
/おくさまは18才/と/17才/が50才ですからねぇ、私も年を感じますね。

納得しました 投稿者:ブラックパパ  投稿日:2003年07月19日(土)10時07分38秒
キンドーさん早速のフォローありがとうございます。
考えてみればご指摘の通り膨大な部数を刷るのですから当然ですよね。
(読売新聞は、イギリスの『ギネスブック』が認定する世界一の発行部数を誇り、
日本を代表する高級大衆紙です。発行部数監査機関である日本ABC協会の報告では、
2001年1月の朝刊部数は全国で10,310,091部で、・・・読売新聞中部支社ホームページ参照)
これから横浜(関内)にあります横浜情報文化センターに行って勉強?してきます。
ここにはニュースパーク(日本新聞博物館)http://www.pressnet.or.jp/newspark/と
放送ライブラリーhttp://www.bpcj.or.jp/があり、放送ライブラリーでは
Cynthiaが出演している第42回紅白歌合戦が閲覧できます。

新聞の疑問の答 投稿者:キンドー日陽  投稿日:2003年07月19日(土)05時12分18秒
●新聞は、同じようでいろいろありますよ。同じ朝刊でも記事が違う場合があります。
それは一度に全てを印刷していないからなのです。それもそのはず、とんでも無い多くの部数を
印刷するわけですから、何度かに分けて印刷しているのです。遠くも近くもどこの家庭にも
同じ頃に配達が終わるように第一版は遠い場所用となるのです。だから必然的に近いところは
後まわしとなるのです。しかし、タイミングによって記事の差し替えが間に合えば、
一番新しいニュースが読めるのでそれが後の版の利点とも言えるのです。じゃあ最も新しい
記事が掲載される新聞はどこの地区かというと、都内の駅構内売店の新聞だそうです。
新聞の一番上に○版と数字が載っていますから、ブラックパパさんの新聞も調べてみてください。
ちなみに私の新聞は東京の14版でした。
という訳で、何度かに分けて印刷されているので、その時のインクの調整具合で赤みが
強かったりすることもあるのです。さらに今回は全国版全てに広告が掲載されたようですから、
全国のそれぞれの印刷所の出来上がりパターンがあると思われますね。だから顔色の違う
Cynthiaが数多く存在することになるではないでしょうか。
しかし、数年前まで新聞の多色刷りは4倍(4色だから)手間がかかるので、広告入稿の
締切りは一ヶ月前でした。その部分は当日前までに印刷を前もって完了しておかないと
いけなかった時代があったのですが、現在はそうでもないみたいですね。技術の進歩には
目を見張るモノがあります。
●印刷に限らず、特に顔色(肌色)の表現はむずかしいとのことです。人間の目は意外と
機械より微妙な違いを区別できるので、各業界の技術者泣かせなのです。少しでも変な色だと
アレッと気付かれていまいますからね。
※以前、広告費のことでトナカイさんがカキコしていましたが、新聞(読売)全頁カラー
広告全国版の「掲載料が5千万円以上(2年前の価格)」ということです。だから撮影費用や
デザイン費用やモデル?料なんてのも含まない数字ですから、この広告に関係する全体費用は
計り知れない額となるのではないでしょうか。
●広告のCynthiaの写真は上半身でしたが、足元まで写真が写っているのなら、それが見たいと
思うのがサオリストでしょうね。さてどうでしょう? 撮影するとき、デザイン優先の場合は
デザイナーが決めた構図に合わせて行うので、必要以外のカット(ポーズ)を撮るでしょうか?
カメラマン優先だといろんな構図をついでに撮っておく事もあるかもしれませんが、今回は
どちらでしょう? ナゾとCynthiaがどんな草履を履いていたのかを、眠れない夏の夜に
ちょっと想像するのもいいじゃないですかトナカイさん。
●それから、この新聞をファイルする場合ですが、新聞紙はご承知の通り、空気や光に
触れているとすぐ黄色く変色しゃすい紙で出来ていますから、そのままでの保存は、
将来無惨な結果が待っていますよ。パウチしても光を浴びたら同じと思われますから、
大判カラーコピーするのが一番いいかもしれませんね。
その時のちょっとしたコツを伝授しましょう。綺麗にコピーするには、コピー機のガラスに
広告頁をかぶせたらその上に黒い紙や布をあてがってからスタートボタンを押してね。
そうです、ウラ写りしないようにするのです。意外と綺麗に複写できるのでやってミソミソ。
薄い印刷物の複写の時はこの方法を使うと案外うまくいくよ。
それじゃ皆さんの成功を祈って ByeBye!

顔色が違います 投稿者:ブラックパパ  投稿日:2003年07月18日(金)23時06分42秒
先日新聞屋さんで7月7日の読売新聞を2部手に入れました。
当日入手したものもありましたが折り目が入ってしまい新しいのを探していたのです。
開けてみたら、ナ、なんと顔色が違うではないですか?
皆さんご存知でしたか?
印刷のときのインクの乗りの違いでしょうか1つはちょっと日焼けしたみたいに顔が赤めで
もう1つは色白のきれいな肌色でした。  日傘で着物ですから私は個人的には色白が好きですね。
新聞広告で色が違うなんて考えてもいませんでしたので驚きました。

新聞をファイルした。 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月15日(火)23時12分14秒
読売の新聞の写真をファイルしました。でも、もう少し綺麗にしたいですネ。せっかくだから、

ポスターはだめでした 投稿者:ブラックパパ  投稿日:2003年07月15日(火)21時48分26秒
富士フイルムに7月7の読売新聞に載った「バースデーイヴ広告 南沙織/シンシア」の紙面を
ポスターにして何とか入手できないかまたどうすれば入手できるかを聞いてみました。
現在はポスターにする計画は無くまた作成しても販売店用との事で個人的には入手できない
との事でした。全国のファンの署名を集めてお願いしてもだめでしょうね。
富士フイルムさんがそのうち作ってくれるのを辛抱強く待ちましょうか。
トナカイさんのおっしゃるようにバックナンバーに早く載ると良いですね。
こんな質問にも丁寧に答えてくれた富士フイルムさんありがとうございました。

やっとCD化したのですが。 投稿者:Bello  投稿日:2003年07月15日(火)16時12分11秒
ついに未CD化アルバムを全部CD化できました。なのに、『Simplicity』だけ
音が少し割れてしまったり、『I've been Mellow』の「引き潮」の波の音を
後できちんと編集しようと思って、次の曲の頭の所まで、長めに録音していたのを忘れて
長めにトラックを切ってしまったていたり、これから少々手直しをしなくっちゃいけない
のけど。ここのところ毎日眺めている「青春の絆」最新号(キンドーさんによると
まだ購入可能だそうです!)を、読むときのバックや、地下鉄で快適に過ごすため
には欠かせないCDになってます。

今年になって、17会の会には、一度も参加できないでいるのですが、
引退25周年記念パーティ(トナカイさんお願いします!)こそは、参加したいと
思ってます。

先週末におじゃました友人宅の庭(神奈川県)には「たちあおい」が、まだ美しく
咲いていました。今年は、梅雨くらいから咲き始め、まだ当分咲きつづけるのではと、
言ってました。「たちあおい」を見ていたら、なんとなくシンシアが、そこに立っている
ような気がして、とってもうれしかったです。

近所(渋谷区)の「たちあおい」は、もう枯れてしまっているけど、有栖川公園
(も渋谷区かなぁ?)の「たちあおい」もまだ咲いているかなぁ? デジカメと、
読売新聞持参で、探偵ごっこしてみたい気分です。

ごっ、五千万円 投稿者:そらまめ  投稿日:2003年07月15日(火)13時43分34秒
トナカイさんの情報の広告代が少なくとも、五千万円には驚きです。読売新聞一紙だけの
扱いでしたが私が思うには、一紙だからシンシアが「お仕事引き受けた」になったような気が
します。今のシンシア家庭を大事にして子供たちに負担が掛からないようにしているのでは、
ないでしょうか? フジカラーの広告は、今でも応援してくれるファンに
「元気にしています。ありがとう」とシンシアからのメッセージのような気がしてなりません。

読売一紙の真相 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月14日(月)23時47分29秒
フジフイルムの広告、バースディイブは、今まで読売新聞しか掲載されていません。
キンドーさんの意見では、値段のためとのことです。新聞の広告で、新聞一面を丸々使う
全面広告は高いです。カラー広告だともっと高いです。更に、全国版の掲載はもっと高い
そうです。今回のこの一回だけの広告費で、少なくとも、5千万円はするとの事です@o@)。

これを数紙ですると、何億にもなるので、一紙に絞ったみたいです。一紙でしか見れない事が
希少性と話題性を呼ぶとの計算もあるでしょうが。まだバックナンバーには載っていません。
早く載りますように。

http://www.fujifilm.co.jp/be/index.html

メディアの意地では? 投稿者:TANAK  投稿日:2003年07月14日(月)23時23分09秒
私の購読紙は朝日ですが、あの日の読売新聞はコンビニで買いました。他紙で評判に
ならないのは、読売新聞だけに載ったことが原因かと思います。読売にしか載らなかったものを、
良くも悪くも他紙が話題にするという訳にはいかないんじゃないでしょうか?
同様の理由でNHK-BSのイメージソングだった「ファンレター」も他局は扱いづらい曲だったと
思います。主題歌くらいの位置づけだともう少しヒットした曲じゃないかなと、
今更ながら思うのですが、いかがでしょうか?

変わりましたね 投稿者:エスクード  投稿日:2003年07月14日(月)22時35分39秒
トップページの写真が夏向きに変わりましたね。前の写真は今の時期には正直暑苦しいかなと
思ってました(ごめんなさい)。今度のはさわやかで良いですねえ。それとやっぱりCynthiaは
笑顔が良いです!キンドーさんありがとう、またいいのを作ってください。

週刊誌チェック 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月14日(月)10時52分26秒
 先週の夕刊フジと夕刊ゲンダイはみんな買いましたが情報なしです。
今日発売の、週刊誌にも載っていません。チェックしたのは、次の週刊誌です。
週刊朝日、サンデー毎日、週刊読売、週刊現代、週刊ポスト、アエラ。

初めまして 投稿者:沙織っヘ゜  投稿日:2003年07月14日(月)02時04分07秒
今日初めてCYNTHIA Streetを見ました(見つけました)。スゴイデスネー 嬉しいですねー
色んな情報あるんですねー そうなんですかー 久しぶりの感動です 誕生日会なんて
やってたんですかー 全然知らなかったー 今後沙織ファンの僕は何をすればいいんですかねー?
ぼちぼちと参加しないといけないよねー 生沙織を見たことないけど直にお目にかかりたいものだ
そうだったのかーこんなサイトがあったのかー 感激してしまったなー とりあえずこんなところで

芸能人は、有名人は 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月14日(月)00時13分25秒
有名人で、顔を知られているとやはり、疲れるでしょうね。
買い物とか、ぶらぶらする時に、だらしない格好はできないし、学校の先生でも、
自分の校区ではせず、パチンコは隣の街でするようですし、それなりに有名になると、
大変ですネ。すぐに、なにか変なことをすると週刊誌の記事にされてしまう。
その点も、われわれも気にして、有名人もそっとしておいて上げましょう。
そうは言っても、やはり、気になり見てしまうこの矛盾、心理です。

なあんだ! 投稿者:京平先生の後輩  投稿日:2003年07月13日(日)23時17分57秒
トナカイさん、的確かつ正確なアンサーありがとうございます。
危うく感違いするところでした。新聞・雑誌の記事にはこういうことがよくありますね。
可愛そうに芸能人に限らず、それで傷つく方々がいるのは非常に残念なことです。
マスコミの方々もシンシアについての記事を書くなら、一度「17会」に相談されれば、
もっと正確で良い内容になるのになあと先日分けて頂いた会報『青春の絆』を
読んで思いました。

普通の少女が、突然有名になる時代 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月12日(土)23時54分47秒
1970年頃は、普通の少女が、突然、ヤマハコンテストとか、街角でスカウトされて、
有名人になって、テレビで活躍する時代だった様に思います。自分の学校、高校にもいるような、
ちょっと人気のある子が、急に全国区になるような、時代だった様に思います。
私も、実は、沙織ちゃん以上に、可愛かったのです。写真を見せたいのですが、
今は、沙織様には、負けていますが、それで余計に、あの若さを保つ秘訣のようなものに、
興味があるのです。昔は、沙織様以上に、可愛かったのです。多少、うぬぼれでも、ありますが、

そうそう!! 投稿者:気分はセブンティーン  投稿日:2003年07月12日(土)14時35分08秒
トナカイさんのご指摘の様に、高尾さんの文章は正確さと愛情に欠けますね。
ま、シンシアのファンじゃないみたいだからしかたないかも。
シンシアは結局、大学中退したんですか。それは知らなかった、、
まあ、育児と家事と女子大生ってのも、無理でしょうけどね。
それにしても、「上手に老けていた」ってのは、、喧嘩売ってんのかしら。 失礼だな!
どうして、「はっとするほど若々しい!」とか、「不思議にいつまでも変わらない!」とか
正直に書かないわけ?
でも、こうやって、シンシアについての「情報」をお互い発表したり、
その感想を述べられるのが、「シンシアストリート伝言板」のいいところですね。
なんたって「伝言板」なんですから。
自分の考えた事、思った事を、自分の言葉で(人の言葉を借用しないで)キチンと表現する、、
シンシアがそういうシッカリした人でした。
うわべだけでなく、そういう人間性を見逃さず、そういうシンシアだからこそ応援してきた、、
そしてこれからも応援していく、、そういうファンの居場所にしたいですね、この「伝言板」は。
自 分 の 思 っ た 事 を 自 分 の 言 葉 で !

タカの目*Web版の? 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月12日(土)13時03分06秒
 タカの目*Web版
 第136回・2003年7月10日
 著者 高尾友行

 「南沙織の微笑におおらかにうなずくのは…」(本文は下記リンク参照)


   文章を読んでいると、ハテナ?と思える箇所があります。

  ?1「78年、上智大に進学したのを機に引退」
   シンシアは、74年から上智大学国際学部に進学しています。
引退理由は、「学業に専念」でした(誰かさんと結婚して、引退の翌年に中退しましたが^^;)。

  ?2「写真週刊誌もなかった時代だから」
   フォーカスの創刊は、81年10月です。シンシアが登場したのは数回しかなくて、
「日常の姿が公になることはほとんどなかった」のは事実です。

  ?3「NHK大河『琉球の風』に出演」
   出演していません。

  ?4「高度成長のさなかで〜」
   あまりに紋切り型。学生や団塊などと、一くくりにしていますが、
個人によって価値観は千差万別です。私など、91年の紅白復帰会見に感動しています。

  ?5「50歳以上をターゲットにして購買意欲をあおっている」
   ファンの中心は、シンシアより少し年下が中心でした。団塊世代より下が
シンシアのファン中心層です。

   シンシアと「団塊世代」を強引に結びつけた文章の感じです。
シンシアの声は、今の若者も魅了しています。シンシアのCDを聞いて、
ファンになる十代の人も多いのです。
http://www.hochi.co.jp/html/column/geinou/2003/0710.htm

南沙織のような人は、 投稿者:kumi  投稿日時:07月12日(土)12時30分05秒
  シンシアは、やはり純白な、永遠の少女・乙女ですね。
シンシアみたいな、女優はもう出ないのだろうか、お子さんの顔も、
見てみたいものですネ。似ているのかなー、
  大阪、沙織ファンです。

A:大河ドラマにも出演!? 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月12日(土)10時32分31秒
   シンシアは、『琉球の嵐』には出ていません。
詳しくは、このHPのトップから「Cynthia Q&A」に行って下さい。
そこにu3の回答が書かれています。
他には、98年08月31日の伝言板過去ログ等も参照。

   この話はよく我々の間にもうわさになって、都市伝説化しています。
『琉球の嵐』はのちほど、沖縄方言版が作られているようですが、
そちらでは声だけ出演しているとか。こっそり通行人Aをしているとか。

大河ドラマにも出演!? 投稿者:京平先生の後輩  投稿日:2003年07月12日(土)02時39分22秒
蟹座様、興味深い情報ありがとうございます。さっそくHP見てみました。
その記事の中でNHK『琉球の風』に出演していたとありましたが、
初耳でした(私だけかな?)。何の役で出演していたのでしょうか?
どなたかご存知でしたら、迷える子羊にお教え下さい。

まぁ読んでください 投稿者:蟹座  投稿日:2003年07月12日(土)00時51分11秒
公式HPからの情報ですが

http://www.hochi.co.jp/html/column/geinou/2003/0710.htm

ちょっと突っ込みを入れれば、シンシアファンは「団塊の世代」より
若い世代のアイドルだと思います。
私もそうだが、、

読売新聞広島版 投稿者:五日市のファン  投稿日:2003年07月11日(金)21時14分36秒
遅くなりましたが、シンシアの全面広告は、読売新聞広島版の、
第4面に掲載されました。
私も驚きましたが、現代にも/織姫様/は、いらっしゃるのですね。

潮風のメロディ、197110-1 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月11日(金)00時46分41秒
潮風に吹かれると   思いだす

あなたのこと
夏の日はかれらないの
もうひとこと言われたら
恋人でいたのに
ひとりで歩く港
はじめてくちづけした日を
あなたも忘れずにいるかいら
夕暮れに手をあげて
呼んでみる
あなたのこと
愛された長い髪
潮風が編んでゆくの
もうひとこと言われたら
恋人でいたのに
二人で数えた舟

目と目でかわしたささやき あなたも忘れずにいるかしら


もう一言、言えば、の初恋は、
恋心にゆれる、少女から乙女への南沙織です。
懐かしい、思い出でになりました。

When a sea breeze blows.
It begins to think. You.
 the day of summer can be measured .
If a thing are already said.
Though it was a lover. The port which it walks in alone.
The day which くちづけする はじめて.
It is here, or you are , too, without forgetting you.
A hand is given to it in the evening.
It tries to call it.
You. Long loved hair. A sea breeze knits.
If a thing are already said.
Though it was a lover. The ship counted with two people.
It whispers
it was evaded by the eye and the eye .
Are you here without forgetting you, too?

トナカイさん 投稿者:気分はセブンティーン  投稿日:2003年07月10日(木)22時43分30秒
いつも、貴重な情報有難うございます!
こういう情報提供してくれたり、自分の考えを、自分の言葉で発言する事が、
「シンシアストリート伝言板」のいい所ですよね。
 シンシアがそういうしっかりした人ですから、キチンと見ていたファンは
自然とそうなるのでしょうね。

7月6日の集まりの上映作品 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月10日(木)22時20分15秒
 7月6日の集まりの上映作品

 喜劇花嫁戦争
 おれは男だ
 ミラーマン
 1976年クリスマスコンサート
 1978年、星空のコンサート
 家族そろって歌合戦
 気になる季節

 喜劇花嫁戦争、おれは男だ、ミラーマンは、市販のビデオです。

 コンサートは、どちらも40分ほどでしょうか。

 家族そろって歌合戦や気になる季節は、テレビ番組の録画です。

 『気になる季節』は、ピンクレディ主演の30分のテレビドラマです。
関西限定で放送されたようです。
ある自動車修理工場を舞台に、ピンクレディがつなぎ服で出てきたりします。
毎回ゲストが出てくるようで、ちょっとした騒動が起きるようです。
シンシアが引退する寸前か引退後の放送のようです。

 この回では、ディックミネ扮するおじいちゃんの恋人にシンシアが
間違えられる騒動になっています。
落ちは、何かの相談に乗ってもらったというものでした。

夏の感情 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月09日(水)21時55分22秒
みんな許してみたいの すぎた日々の出来事
みな私のどこかを   通りぬけた人達
制服着た胸で 愛した人いたけど
皆小さな事なの  私 いつも自由よ
お陽様の真下で お陽様の真下で
受け入れてもいい ア・ア・ア・ア
愛しあう二人は  愛しあう二人は
美しいはずよ ア・アー
誰かに出会う為に また真夏が訪れたの

皆つつんであげたい さびしがりやのたましい
みな私とどこかが 似ていそうな年頃なの
さよならした誰か すれちがったあのひと
この大きな海では 私 砂のひとつぶ
潮風にむかって 潮風にむかって
ときはなされたい ア・ア・ア・ア
むき出しの若さは むき出しの若さは
きれいなはずなのに ア・アー
あらたに出会う為に また真夏が訪れたの

夏の出来事   みんな許せる
夏の出来事   みんな許せる

1973年 昭和48年夏 南沙織
少しゆれて、心配な、純白の少女です。
貴方は、その時、

I want to try to forgive all.
The happening of the days which passed.
Completely, something of me. The people who passed.
All 's are little things though there was a person
who loved with the breast that the uniform was put on.
 I am always free. Right under Ms. お陽 Right under Ms. お陽
 ア ・ ア ・ ア ・ ア which may be accepted.
As for two people who love it.
As for two people who love it.
Beautiful possibility よ ア ・ アー.
Because it meets someone. The midsummer came again.
I want to wrap all. Better い as to た 【 た 】.
It is the age when all of something look like me with.
Someone who said good-bye.
 With that ひ that they passed each other.
In this big sea, one ぶ of the me sand.
む is selfish against the sea breeze.
 む is selfish against the sea breeze.
Time is ア ・ ア ・ ア ・ ア which wants to be made.
As for the naked youth. As for the naked youth.
In being beautiful, ア ・ アー.
 Wow, because it meets た.
The midsummer came again.
The happening of summer.
All can be forgiven.
The happening of summer.
 All can be forgiven.

青森版にも!最高です!! 投稿者:Shigeru  投稿日:2003年07月09日(水)21時47分00秒
今、東京浅草のホテルで書いてます。この東京の同じ空の下でCynthiaも生活されてるんですね。

7日の読売新聞、みなさんに教えて頂いたおかげで朝の通勤途中のコンビニで購入しました。
青森版にもしっかり出てましたよ。5面に出てたんですが、最初新聞を開きながらドキドキ
してしまいました。Cynthiaからの最高のプレゼントですネ。

それにしても 投稿者:気分はセブンティーン  投稿日:2003年07月09日(水)19時47分56秒
黙ってた3人組は、えらい! さすが、筋金入りのサオリスト。
口が堅くて、信頼できるとシンシアもわかったんですね。
しかし、いつまでも変わらず、綺麗で可愛く理知的な姿を見ると
「私の見る目に狂いはなかった」とシンシアファンである事を、
天にむかって叫びたくなりますね。ウレピ〜!

17才 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月09日(水)13時02分54秒
誰もいない海
二人の愛を確かめたくって
あなたの腕を すりぬけてみたの
走る水辺のまぶしさ
息も出来ないくらい
早く 強く つかまえに来て
好きなんだもの
私は今 生きている
It is the sea which no one is in.
【 the love of two people was ascertained 】,
and I began to pass through the arm of, you.
The brightness of a water side to run.
Breath comes so that may be early
and of it may be strong
and may be caught as much as it isn't made, too.

It likes it.
Thing. As for me, lives now.
人恋しくて
暮れそうで暮れない 黄昏どきは
暮れそうで暮れない 黄昏どきは

ふと目についた 小石を蹴ったり
自分の影に じゃれついてみたり

フジフイルムの広告 投稿者:海田  投稿日:2003年07月09日(水)09時29分04秒
シンシアの広告は続きはもうないのでしょうか。フジフイルムのサイトによると
昨年12月の田中麗奈の回は3回ほどあったみたいですが。
浴衣で花火とか、海水浴場でレースの日傘とか、いろいろ想像してしまいました。
あの画像は近いうちにフジフイルムのサイトにアップされるんでしょうね。楽しみです。

Cynthiaは私にとって素敵なお姉さまです。 投稿者:京平先生の後輩  投稿日:2003年07月09日(水)02時55分35秒
先日のお披露目会では大変有意義な時間を沙織ストの皆様と共有出来、とても楽しかったです。
特にシンシアのコンサートのVTR(しかもカラー!で、プロショットといっても良い)には
驚きました。シンシアのライブ映像は生まれて初めて全部見たので感激です。
終わった後思わず皆で拍手してしまうほどでした。やはり残っていたんですね。
恐るべし17会。まだあるそうですから、今後も期待しています。
笑っちゃったのが、関西地区で放映されたピンクレディー主演のドラマに
シンシアがゲスト出演した番組のビデオ(番組名なんだっけ?)。
だってシンシアの役がディック・ミネの愛人というか恋人役なんです。
どうなってんでしょうか(とても可愛かったけど)?
トナカイさん・キンドーさんに教えていただいたので、翌日読売新聞チェックしました。
あんなに大きく出ているとは思いませんでした。トナカイさんが仰る通り、
びっくりする位若いですね。これは彼女が日頃から鍛練しているだけでなく、
心の底から幸せなんだという証ではないでしょうか?本当に羨ましい限りです。
私もかっこよく年をとりたいなあ。

たまにでなく、しょちゅうお願いします 投稿者:kumi  投稿日:2003年07月08日(火)22時29分12秒
たまにでなく、しょちゅう登場して欲しいものです。
いまでもですが、若い頃は、やっぱり可愛い、最近の若い子にはいない、
純白な感じがいいですネ。
若い子に、影響を与えて欲しいものです。
It is not once in a while, and wants it to appear as to しょちゅう.
Though it is even the present, ネ that a pure white な feeling of that
 still a cute recent young child doesn't have it is fine when it is young.
I want a young child to influence it.
確か、英語が得意だった様に、記憶していますから、
英語で、お願いしてみました。
届くでしょうか、七夕の、願いです。ひこ星様。

名古屋版にも 投稿者:Takashi  投稿日:2003年07月08日(火)21時40分37秒
読売新聞ゲットしました!
名古屋版にも載っていました。(当たり前か)
個人的にはあのメガネは外してほしかったけど、
それだとあまりにも若々しすぎて、広告の意図がずれてしまうかも。
17→?
のコピーがよかったですね。

蟹座さんのおっしゃるように
シンシア、これからもたまーに姿を見せてください。

やっぱり、いいですね。 投稿者:muki  投稿日:2003年07月08日(火)20時57分18秒
『17才』のCDは、今でも聴ける音楽です。やっぱり、可愛いですね。
 A seventeen-year-old CD is the music which it can listen to even in the present.
 It is still cute.
CUTE「キュート」 ですネ。富士の写真を見て、再確認。見てるかなー。本人は、

沙織さんのHPが、あればね 投稿者:muki  投稿日:2003年07月08日(火)20時22分30秒
インターネットだけででも、復活して欲しいものですね。
沙織さんの掲示版でもあればね。一生、Cynthiaの変化を、見ていたい気持ちです。
 I want restored only even on the Internet.
If there is even a notice edition of Ms. 沙織.
It is a feeling to want to watch a change in synthia in the life.

背景の花はタチアオイです 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月08日(火)17時09分17秒
 色々調べて、シンシアの背景に映っている花は、タチアオイと分かりました。
キンドーさんの推理は見事です。タチアオイの後ろは野球場のフェンスですか。
言われてみればそうですね。

 去年の沖縄タイムス5月15日の復帰30周年の特集記事に載ったシンシアの写真は、
銀座1丁目で撮られていました。ここは沖縄タイムス東京支局のすぐそばです
(2002.6.2の私の投稿をご参考に)。

 同じように、今回の写真も富士フイルムの本社の近くで撮られたものと思っていました。
私には、運動場のフェンスがビルの壁に見えたのです。野球場の緑の鉄骨と間の金網が、
ビルの柱とガラスに見えたのです。

 タチアオイの花は5月から咲き出すとの事で、こちらも推理がドンピシャです。
そらまめ様、北海道にも届いていますか。ちょっと嬉しい\(^O^)/

 http://flower365.web.infoseek.co.jp/12/181.html
 http://www.mitomori.co.jp/hanazukan/ai.html
 http://www.asahi-net.or.jp/~ap6y-umd/home32.html

うれし〜い 投稿者:そらまめ  投稿日:2003年07月08日(火)15時04分25秒
久しぶりのシンシアを拝見できてとっても嬉しいです。
わが町にある二件のコンビニへ行ったのですが、取り扱っていなくて
新聞店で注文して一日遅れでゲットできすぐ「読売新聞」の5面を開いてみました。
「ハァ〜やっぱりきれい」同性の目から見ても素敵。
70年代活躍した人たちの中で変わらぬ良さを持ったシンシアに白羽の矢がたったのでしょうね
読売新聞の北海道版にもシンシアが出ていました。

笑顔のCynthia 投稿者:キンドー日陽  投稿日:2003年07月08日(火)01時49分00秒
読売新聞7/7朝刊の広告をしっかりと眺めさせて戴きました。
初夏の晴れた日に明るい彩りの着物姿のCynthiaは、新鮮な風を感じさせる写真ですね。
木漏れ日の中で日傘を差し涼しい笑みを浮かべたCynthiaは、七夕の朝に現れた姫君と
いったところでしょうか。どうですか皆さん、素晴らしい笑顔じゃ〜あ〜りませんか!
(チャーリー浜風に読む)
見て無い人は一日遅れでもいいからすぐにお近くの新聞の販売店に行って、
在庫を確認してみるといいかもよ。
トナカイさんの疑問にお答えしましょう。撮影日と場所は、私くしキンドーちゃんが
推測するには背景の赤い花(名前は忘れたので、その道に詳しい方カキコでおせ〜て)の
見頃が4〜5月なので、きっと今年のその頃の写真だと考えられます。
場所は、有栖川公園ヨコの運動場あたりではないかと思います。
実は15年前位にその運動場で社内野球大会にかり出されたことがありまして、
情けない話が見学に近いポジションだったので場内より外壁フェンスと石段に
見覚えがあったのです。私の記憶に間違いが無ければの話ですけど…。
緑も多い公園なので、Cynthiaも都会のオアシスに浸り、すがすがしい気分に
なれたかもしれませんね。この写真の表情からCynthiaが幸せで元気な毎日を
おくっている様子を感じられます。良かった良かった!
そしてこの写真のCynthiaを見ていると元気をもらった気がして、
なんだか私もPOWER充電満タンになった気がします。このまま明日の活力へ
とつながること間違いなし!
ゲッツ!andタ〜ンandリバース! ホントにCynthiaありがとう!

お仕事引き受けた(BYシンシア) 投稿者:蟹座  投稿日:2003年07月08日(火)00時26分30秒
そうなんですよ!

先日、花束を届に行った時、トナカイさんが
「CD発売やコンサートを期待しています」と言ったら
「もう、年だから、、」と苦笑しつつも
「でも、またお仕事を引き受けたの。来週月曜日、7月7日の読売朝刊に出るから
見てね」とおっしゃる。
シンシアが出てきたのはビックリしたが、「お仕事引き受けた」はもっと
ビックリした!!

往年のアイドルで、山口百恵さんのように完全に露出ゼロの人。
かたや、露出すぎる人の中で(苦笑)
シンシアは、時々、お元気な姿を見せてくれるから嬉しいですね。

バースデーイブとは2 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月07日(月)23時47分39秒
 富士フイルムのHPで見る限り、この広告は一回きりの掲載のようですね。
何故読売新聞かはわかりませんが、一紙に限定することで話題性を狙っているのかもしれません。

 ところで、何故私がこの情報を知っていたかと言えば、教えてもらったからです。

 7月2日にシンシアに花束を渡した時、シンシアは言いました。

 「実はこれはまだ誰にも言っていないんですが、久しぶりにお仕事を引き受けました。
7月7日(月)の読売新聞朝刊に載ります。」

 こんなことを言ったのです。それで皆さんにお知らせできたのです。あまり早く言って
しまっては、シンシアに悪いと思い、苦労しました。
何度地面に穴を掘り、「王様の耳はロバの耳!」と叫んだことか。

 キンドーさんとこの広告の写真について話したら、新聞の広告としての知識を教えてくれました。

 まず、フルカラーの広告はすごい高いそうです。一紙というのはそれも理由かもしれません。

 この広告だけは別に前から刷っておくそうです。3年ほど前の話ですが、
その当時はカラー広告の写真は一月前の入稿だったそうです。
今はもっと早くなっているでしょうが。

 そう考えると、この写真が撮られたのは半月ほど前かもしれません。
撮影場所はどこなのでしょうか。

 ここで、この投稿を読んでいただいている皆さんにお願いがあります。
この富士フイルムの広告が、これから話題になり、スポーツ新聞や週刊誌に
取り上げられるかもしれません。

 もしどこかに載ったら、その事を投稿していただけますか。情報を共有して行きたいです。

 また、大阪の読売にも載っているということはわかっていますが、
全国どこの版にも載っているのか、そんな情報もお待ちしています。

 投稿はどうもという方は、私宛のメールもお待ちしています。

 ちなみに、7月2日に本人に会えた時は、この写真より若い感じでした。
去年の沖縄タイムスの写真もそうですが、写真というのは、オーラはあまり写らないようです。

楽しかったです! 投稿者:syu  投稿日:2003年07月07日(月)21時11分56秒
「シンシアの誕生日を祝う集い」に参加させていただきました。
今回が初めての参加でした。
トナカイさん、キンドーさんから、7月2日の誕生日に花束を贈った際の、
衝撃の感動と状況をお二人から直接お聞きしたり、
皆さんとシンシアを語り、シンシアの貴重な映像を見れ、
本当に楽しかった6時間でした。ありがとうございました。
今後またお誘いください。

7月7日付けの読売新聞、見ました。感動ものですね。
いずれは各紙に出るのでしょうか。
それともあの企画は読売新聞とのタイアップ企画なのでしょうか?

南 沙織のHPがあれば、いい 投稿者:muki  投稿日:2003年07月07日(月)12時58分08秒
なつかしの南沙織さんのHPがあればいいですね。今でもファンです。
 There has only to be HP of Mr./Ms. 南沙織 who is made to take to it and who is it.
It is a fan even in the present.

バースデーイブとは 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月07日(月)10時47分34秒
富士フイルムのHPを見ますと、バースデーイブという宣伝をしているようです。
その広告の一環として、シンシアがモデルになったようです。

富士フイルムHP:http://www.fujifilm.co.jp/indexh.html
バースデーイブ :http://www.fujifilm.co.jp/be/index.html

7月7日読売新聞朝刊5面の文章  投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月07日(月)09時36分53秒
17→ ?

1970年代のはじめ、が見直されている。そこに時代の曲がり角があったのかもしれない、と。
大阪万博を終えて、沖縄の本土復帰、そして「日本列島改造論」を掲げたリーダーの登場。
その頃に青春を過ごしたいまのおとなたちにとって、「17才」を歌った南沙織さんの、歌声も姿も忘れがたい。
あれから、私たちと同じように時を過ごしたいまの南さん、シンシアがいて、バースデーイブの写真にこんなメッセージを添えてくれた。
「アイドルと呼ばれた、あの頃のアルバム。ほこりを払って、こわごわと開く。70年代ファッションを身に纏う写真の少女は、見知らぬ人。」
私たちの記憶の中で、その映像はきのうのことのように鮮明なのに。その、太陽と潮風の匂いのする少女の映像は。
「いつも無邪気にはしゃいでいて、辛い青春は一枚も描かれていない。幸せと思う瞬間だけを証拠のように収めていた」
・・・そうかもしれない。青春って。そして、私たちの70年代についての記憶も、また。
「鏡に向かう、Birthday Eve。個人的、Happy New Year Eveに。いい年して、ふくれっ面をしている。
なのに、鏡は穏やかに微笑み返す。母の顔をして、妻の顔をして、今がいちばん幸せよ、と語りかけている。
移りゆく季節のなかで、心に感謝がふくらんで重みを増す。守りたい、かけがいのない宝物もいっぱい増えた」
日本がちょうど「17才」の若者のようだった、あの時代の、あのひとから、懐かしいみなさんへのご挨拶を。
「Thank youを写真にこめて。写真はお世辞が苦手、嘘をつかない正直者だから」

写真よ、Thank youを伝えて。 南 沙織
Cynthia

Birthday Eve Shot!
バースデーイブを撮ろう。

フジカラー スペリア ヴィーナス

7月7日読売新聞朝刊5面 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月07日(月)09時35分40秒
 読売新聞5面1枚は、フジフイルムの広告です。
上半分がカラー写真のシンシアが写っています。白地の着物姿です。
めがねをかけて、日傘を差しています。

 下半分には、文章です。

 文章の最初に2.2センチ四方の、17才のLPアルバムの写真が載っています。

 Cynthiaの署名は、筆記体です。

 一番右下に、「フジカラー スペリア ヴィーナス」というISO800、36枚撮りの商品写真があります。

FUJI FILM Birthday Eve Shot! 投稿者:海田  投稿日:2003年07月07日(月)06時42分39秒
今朝、何気なく新聞をめくっていてビックリです!七夕のビッグプレゼントです!
あの写真はいまのものなのでしょうか? フジフイルムさんが撮影したものでしょうか?
文章を読んでみると、シンシアにインタビューしたようにみえますが。
Birthday Eve Shot!ってなんですか? これってシリーズになるの?

色々出てくるもんだなー 投稿者:ビタミン  投稿日:2003年07月06日(日)23時36分20秒
本日は出席させていただきありがとうございました。
毎回出席させていただく度に思うのですが、引退してから25年も経つのに、
次から次にいままで見たことの無いものや、なんでこんなものがあるんだというような、
まるでオーパーツのようなものが、後から後から出てくるのには驚かされます。
本日の映像も眼福でした。

本日はとても楽しかったです 投稿者:ブラックパパ  投稿日:2003年07月06日(日)23時26分19秒
トナカイさん、キンドーさん、他8人の皆様方、本日は初めて出席させていただき
ありがとうございました。これもシンシアの人柄でしょうか。集まった方々は
とても優しい方たちばかりでした。はじめは途中で出席しようかどうしようか
迷いましたが、思い切って出席して良かったと思っています。
とても素晴らしい秘蔵映像など涙が出そうでした。また見たいものです。
とにかく今日は本当にありがとうございました。

7月7日の読売新聞朝刊 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月06日(日)23時12分49秒
 信頼できる消息筋から聞いた情報をお伝えします。
明日7月7日の読売新聞朝刊に、何かの情報が載るようです。
それが何かは私も知りません。

出席できず、すみません 投稿者:蟹座  投稿日:2003年07月06日(日)23時00分37秒
「シンシアの誕生日を祝う集い」出席できず、すみませんでした。

ところで、明日は七夕。

いいことがあると嬉しいですね。

何かグッドニュースが新聞に載っていると良いな。

本日、17会の集まりをしました 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月06日(日)22時03分26秒
 本日、17会の「シンシアの誕生日を祝う集い」を上野でしました。
某中華料理店で、正午から午後6時まで開催という長丁場でした。

 出席した方は私も含めて11名、全員男性でした。絆17−01号の話題に加えて、
DVDをノートパソコンで上映しました。

 先ほど7月2日にシンシアに花束を届けた時の写真を載せました。
シンシアという花屋さんで花束を用意しました。その話でも盛り上がりました。

 半数の方が初参加でしたが、数十年来の友のように語らえました。
シンシアという共通項があるので、すぐに親密になれました。

 参加していただいた方、ありがとうございました。

RE:綺麗な花束ですね 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月06日(日)16時52分16秒
こんなこと、訊かれるとは思わなかった…。

向かって左から、トナカイ、キンドーさん、蟹座さんです。

綺麗な花束ですね 投稿者:気分はセブンティーン  投稿日:2003年07月06日(日)16時20分04秒
写真のせてくださって、有難うございます。 花束とても綺麗ですね、シンシアみたいに。
ところで、この3人の方々は、誰がトナカイさんで、誰がキンドーさんで、誰が蟹座さん
なのでしょうか? オセーテ! オネガイ!

7/2 Cynthiaに手渡した花束 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月06日(日)14時47分40秒

フラワーショップ「シンシア」前での記念撮影

花束

興奮さめやらず 投稿者:そらまめ  投稿日:2003年07月04日(金)13時01分05秒
トナカイさん、キンドーさん、蟹座さんがシンシアのお誕生日にシンシア本人に
お逢いできた事、私も幸せを分けてもらったように嬉しいです。
皆さんの努力のおかげとシンシアの優しい心遣いに感謝しております。
シンシアのファンでよかった。私、まだシンシアに近くでお会いした事がないんです。
コンサートへ行った時ピンクのバラの花束をもつて行ったのですが、恥ずかしくて
途中でステージへ投げてしまいました。シンシアが拾ってくれて、
「お花が折れてかわいそう、どうもありがとう」って言ってくれたのが思い出で、
今思えばもう一度あのシーンに戻って・・逢いたい。
シンシアの曲で1番好きなの『シンシア・ストリート』に入っている「夏の終わり」ですが、
針が飛んで聞く事が出来なかったのですが、今日無性に聞きたくなってレコードを出したら
針が飛ばずに聴けた事が奇跡のようで、シンシアのパワーがみんなに幸せを分けてくれている
ような気がしてなりません。シンシアありがとう。最高。

初めてのカキコです 投稿者:ROKU  投稿日:2003年07月04日(金)08時32分02秒
愛媛からはじめての書き込みです。
トナカイさん、キンドーさん、蟹座さん、おめでとうございます!!
ほんもののシンシアに会えるなんてホントうらやましいです。
私の気持ちばかりのカンパの薔薇もシンシアに直接届いたのですね!
新しいCDのこと、シンシアにお願いしたそうですが、
シンシアファンの望みはきっと叶うと信じてます。

いつもながら羨ましい 投稿者:Yority  投稿日:2003年07月03日(木)23時44分34秒
遠くから,羨ましく思っている毎日です。
何もできない,わからないのがとても悲しいです。

ま,とにかくシンシアは元気そうで何故か安心してます。
われわれの年代は結構アブナイ時期のようですから。
(ヒデキもがんばってね〜)

夢のようですネ! 投稿者:Shigeru  投稿日:2003年07月03日(木)22時37分18秒
昨日トナカイさんの書き込みを読んで、一瞬気が動転してしまいました!
やっぱり、トナカイさん、キンドーさん、蟹座さんの日ごろの努力が
報われたんだと思います。本当におめでとうございます。
私のメールと幾ばくかのカンパの花束もCynthiaの元に今あると
思うと私も嬉しいです。

おめでとうございます! 投稿者:Takashi  投稿日:2003年07月03日(木)21時46分06秒
それはそれは本当によかったですね!
トナカイさん、キンドーさん、蟹座さんの
興奮したお顔が想像できます。

初めてメールします 投稿者:気分はセブンティーン  投稿日:2003年07月03日(木)14時42分03秒
う、う、う、、、うらやましすぎる〜〜〜〜!!!!
あ〜東京にいればな〜。私もついて行ったのに!
(今、諸事情で東京と実家を行き来してるのです。)
でも、長い間、シンシアとファンの為に頑張って来られた方々が持参したからこそ、
神様がシンシア本人に会わせて下さったのでしょうね。そういう意味では、
トナカイさん、キンドーさん、蟹座さん、よかったですね!おめでとう!!
私達ファンの声も代表して伝えて下さって有難う!! なんだか胸が一杯になって来た、、
という事は、え〜私のささやかなカンパの薔薇一本は、今頃シンシアのお家のどこかで
精一杯咲いてくれているのかな? 嬉しいですね〜 あ〜なんだか元気が湧いてきたわ!

OH MY GOD! 投稿者:京平先生の後輩  投稿日:2003年07月03日(木)02時32分06秒
ワオ! すごい! ほんとに逢えたんですか! なんという快挙!
私は行けなかったけど、逢えます様にとお祈りしていたんですよ。
やはり、神様って、いえ、女神様はいるんですね。とにかくおめでとうございます。
6日のお披露目会、楽しみにしています。

Cynthiaに会報を! やったね! 投稿者:キンドー日陽  投稿日:2003年07月03日(木)01時42分54秒
ついに、会報『青春の絆17-01』をCynthiaに手渡すことができました。やったね!
正月からテキストを書き続けて、つい先日手作りで完成したばかりのホヤホヤ会報を、
彼女の誕生日である昨日7/2にCynthia本人に手渡すことができました。
昨夜は皆さんが手にしているのと同じ会報をCynthiaも見てくれたと思います。

久しぶりにCynthiaに逢って感じたことは、まず声や容姿が昔と少しも変わっていないことでした。
これは、ファンにとって嬉しいことですね。良かった良かった! 番犬にしては可愛い顔立ちの
ワンちゃんのお出迎えに会い、Cynthiaのワンちゃんに対する一途な思いもそのままなんだなぁと
感じました。そして、突然の訪問者である我々ファンに対して、最後まで笑みを浮かべながら
応対してくれたことに彼女の心優しさが感じられました。そんなところも少しも昔と変わっていない
Cynthiaに改めて好感がもてました。
(トナカイ氏は1分とカキコしていますが、実際は3〜4分位はCynthiaとお話しできましたよ)
この訪問でのCynthiaのプライベート写真は一切撮っておりませんので、この文章を読んで
察してくださいね。でも、7/6の集会に参加された方にはもっと詳しくお話できると思いますので、
その日に骨の随まで聞いてくだチャイ。

でも、トナカイ氏がカキコしたように、まさかCynthia本人に逢えるとは思ってもいませんでしたので、
挨拶の言葉と心の準備をしておらず、あたふたしてしまいCynthiaに変なオジサンだと思われたかも
しれません。Cynthia、ごめんなさい! が、しか〜し、使命を果たすべくファンの皆さんの気持ちや
思いを伝えたくて、
「Cynthiaの歌声を望んでいるメールが、全国のファンから数多く寄せられているので、
是非とも又、CDをリリースしてください!」
と強くお願いをしておきました。Cynthiaのことだから、皆さんの願いをきっといつかは
現実のものにしてくれると思いますよ。待つのだよ子猫ちゃん!ニャオ〜

梅雨とはいえ訪問日の天気は雨と予報されていて、気持ちが少しネガティブ思考だったけど
梅雨前線が南下してスカ〜ッと晴れた青空となったこの日に、誕生プレゼントを贈れたことは、
ひとえに日頃の行いが良い私くしのお陰と思っています。な〜んてね冗談。
きっと、これも誕生日を迎えた姫であるCynthiaの成せる神業かもしれませんね。
きっとそうだね。ウンウン。

なお、今からでもこの『青春の絆17-01』(全80頁カラー)を読みたいという方は、
7/6にお披露目会を開きますので、本日中に下記へ連絡を取ってくださいね。
当日はCynthia現役時代のビデオを数タイトル準備してお待ちしております。
みんなでタイムトラベラーとなって、1970年代へ時間飛行してみませんか?
発行日が過ぎましたが、郵送希望の方も同じく下記へ連絡をメールしてください。
詳細を返信メールでご案内します。なにしろ、手作りの会報ですから、オーダーがあれば
頑張って夜も寝ないで昼寝して対応いたしましょう。これもCynthia本人に逢えた記念と
いうことで、気合いを入れて作りましょう!
トナカイ氏メールアドレス : Cynthia17s@aol.com

ワオ!? 投稿者:syu  投稿日:2003年07月02日(水)23時52分30秒
すごいですね!メールを読みながら胸がドキドキしています。
興奮しています。今のシンシアに会いたかったな。
・・・・・・・
皆さん、初めまして。

という訳で(^^; 投稿者:蟹座  投稿日:2003年07月02日(水)23時24分41秒
・・・・私もビックリしました。
まさかご本人が出てくるとは思っていなかったもので

もしかしたら、シンシア本人でなくとも、息子さんか
紀信さんのスタッフが、この掲示板を見ていて
我々が来ることを知っていたのでは?

キンドーさんの会報『青春の絆17-01』ももらいました。
まだ字の部分は全部、読んでいないけれど
貴重な写真が満載です。

よかったですね 投稿者:そらまめ  投稿日:2003年07月02日(水)23時20分01秒
トナカイさんはじめ、キンドーさん、蟹座さん、本物のシンシアにあえてよかったですね。
興奮して眠れなかったりして・・うらやましい

シンシアに薔薇の花を届けました 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月02日(水)22時24分40秒
 梅雨の晴れ間の今日、シンシアに薔薇の花を届けました。
都営地下鉄宝町駅からすぐの「フラワーショップ シンシア」で、
真紅の薔薇50本の花束を受け取りました。朝届いたという蕾(つぼみ)の花でした。
タクシーで営団地下鉄広尾駅近くのシンシア邸に向かいました。

 花束を届けたのは、キンドーさん、蟹座さん、私の三人でした。
三人はタキシードに身を固め(ウソ)、シンシア邸の前に立ちました。
数年前にもキンドーさんが花束贈呈に訪れていて、その時は、
年配のお手伝いさんが受け取ってくれたので、今回もそうだろうと、
軽い気持ちでした(勿論、期待はしていましたが)。

 シンシア邸は一軒家で、半畳ほど道路から奥まって玄関があります。
正面に格子戸があり、小さい中庭が見えます。格子戸の左側には茶色い木製の
ドアがあります。ドアの右にはインターホンがあります。

 後でわかりますが、ドアは奥に開いて、ドアが回る広さの広さの先が
高さ50cmほどの床になっています。

 我々はメッセージを添えた花束に、『青春の絆17−01号』、
蟹座さんが自分のプロレス本『伝説のプロレスファン』を用意しました。

 午後1時17分、インターホンを押しました。ほどなく、「ハイ」と声がしました。
妙に若い声だったのですが、「すいません、我々は元南沙織ファンクラブの者ですが、
お誕生日をお祝いしてお届け物を持ってきました」とか言いました。

 「わかりました。」とかの声がしました。その直後から、ワンワンと犬の
けたたましい鳴き声がしました。

 15秒ほど経って、ドアが(こちらから見て)奥に開きました。
そこには、シンシア本人が立っていました!!!!

 私は、口から心臓が飛び出しそうになりましたが、何とかこらえてました。
今となっては、何を言ったかよく覚えていないのですが、とりあえず話しました。

 「こんにちは、お誕生日おめでとうございます。花束を持ってきました」とか
言って渡して、会報や本も渡しました。

 シンシアは、ニコニコして受け取ってくれました。シンシアはめがねをかけていて、
髪は後ろで束ねたポニーテイルでした。服は黒一色のワンピースみたいなのです。
今の『Art of loving』 のトップページの写真とよく似ています。
シンシアの隣には、茶毛のミニチュアダックスフントがずっと吠えていました(^^;)。

 シンシアは、1978年に引退した時と、全く変わらない容姿と声でした。

 「コンサートやCD、期待しています。」と我々が言いましたが、
「もう年ですし・・」なんて言っていました。

 会話は1分ほどでしたでしょうが、我々には永遠のように感じられました。

 ドアが閉まった後、我々は地に足が着かない感じで歩いて、30分ほど歩いて
六本木ヒルズに向かい、展望台に上りました。シンシアの家を見たりしてから、
レストランで乾杯して帰りました。

 シンシアには、今回の絆を申し込まれた皆さんのメールも打ち出して渡しました。
名前はイニシャルにしています。いただいたカンパも花束の一部になっています。

 まさか、まさか、シンシアに会えるなんて・・、信じる者は救われるです(><)。

Happy Birthday! 投稿者:Takashi  投稿日:2003年07月02日(水)21時43分12秒
篠山邸に花束は無事届けられたのでしょうか?

シンシアはどんなふうに今日という日をすごしているのでしょうか?

お誕生日おめでとう 投稿者:五日市のファン  投稿日:2003年07月02日(水)16時12分03秒
シンシアお誕生日おめでとうございます。これからも御家族の皆様と、お幸せに。
/気が向けば/私達ファンにお顔を、見せて下さいね。
梅雨の中休みで/青空/の、五日市より。

私も今夜は、カンパイしますよ。

お待たせしました。 投稿者:キンドー日陽  投稿日:2003年07月02日(水)03時25分48秒
全国のCynthiaファンのみなさま、会報『青春の絆17-01』がようやく完成し、
全国に向けて発送いたしました。もうお手元に届いた方もいらっしゃるかと思います。
まだの方はもうしばらく待っててくださいね。手元に届いたらじっくりと読んで
当時を思い出すのもいいかもね。
内容はなにしろ30年前のことなので、制作中に何度も資料をひっくり返して確認したりして
予定通りスケジュールが進まず、意外と時間がかかりましたので、制作担当としましては、
す〜っと読まないで一字一句噛みしめて頭に入れながら読んで欲しいなあ〜。ヨロピク!
私を含めサオリストも大分、視力が弱ってきていますので、小さい文字の部分は
読みにくいと思いますが、虫メガネを使って努力して読んでくださいね。小さい文字でも
情報は大きいかもよ。ちょっとお茶目なコメントの部分もありますが、お許しを!

さて、本日はCynthiaの誕生日です。会報を読むだけではなく、各自カンパイをして
祝杯をあげましょう! 独身の人は堂々と、妻子ある人はそ〜とベランダに出て
外へ向けて大声で叫んでください。全国の何処からでもその声はきっとCynthiaの耳に
届くことでしょう!
そしてCynthiaは必ず優しい心で受けとめてくれるはずです。Cynthiaという人はそんな人
なんです。ファンの気持ちを大事に思ってくれる人なんです。さあ、あなたも勇気を出して
ベランダへ出よう!そして、あなた自身の言葉で祝福のメッセージを言ってください。
なるだけ大きな声をだしてね。おっと、ベランダの扉は閉めてからにしてね。
奥さんに聞こえたらタイヘンだから…
久々のカキコでしたが、またその内現れますのでそれまでByeBye!

祝!ハピー・バースディ 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年07月02日(水)01時01分47秒
 シンシア、お誕生日おめでとうございます。あなたの誕生日を今年も祝えて、
私も幸せです。いつまでの美しい少女でいて下さい。

 青春の絆17−01号も予約した方の元に届いて、何通かのメールをいただいています。
少し、プリンターの話を。

 会報らしく手作りでプリンターで印刷しました。エプソンのPM−4000PXという機種で、
A3ノビと言って、A3より一回り大きな用紙も印刷できます。

 インクが7色使えて、しかも耐水性のインクです。少し機種が違うのですが、
今盛んにCMに流れているプリンターと同じです。

 女の子が沖縄に旅行して、持っているカラリオで印刷した地図ごと、何度も水に濡れます。
でもインクがにじまない。三線(さんしん)の音色で、「普通紙くっきりカラリオ」と
歌っているあれです。耐久性も高いとの事で、数十年は色あせしないようです。



 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2003年08月    の伝言板を読む
2003年06月    の伝言板を読む

Cynthia Street の目次ページに戻る