Cynthia Street の目次ページに戻る


Cynthia Street 2003年12月の伝言板

 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2004年01月    の伝言板を読む
2003年11月    の伝言板を読む


今年もお世話になりました 投稿者:五日市のファン  投稿日:2003年12月30日(火)14時18分46秒
今年もお世話になりました。特に今年は、キンドーさんが
製作された、「青春の絆17−01号」を、戴く事が出来ました。
来年こそ、いつもの(ベスト盤)ではなく、本当のシンシアの
「ニューアルバム」が欲しいですね。

『冒険王』 投稿者:Takashi  投稿日:2003年12月30日(火)01時04分9秒>
わ、これ初めて見ました。
欲しいですね。

ヤフーオークションに『冒険王』1974年1月号 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月29日(月)23時20分32秒
秋田書店の月刊誌(廃刊)の『冒険王』1974年1月号が、
今、ヤフーオークションに出ています。表紙がシンシアです。
シンシアで検索かけても引っかかりませんでした。
偶然発見しました。あと終了日まで1日あります。値段は今で
6750円! 私は入札できません。どなたか入札を。
写真が鮮明ですので、見に行ってください。

『歌と時代の日本30年』 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月29日(月)15時13分39秒
 本日午後2時5分から3時までフジTVで
『歌と時代の日本30年』が放送されています。
1970年から1年ごとにその年の代表的なニュース映像を
流しながら、その年を元気にした一曲を紹介します。
1年で1分ほどです。各年の歌はこれです。

 走れコータロー(70)、花嫁(71)、瀬戸の花嫁(72)、
学生街の喫茶店(73)、学園天国(74)、ロマンス、
ビューティフル・サンデー(75)、木綿のハンカチーフ(76)、
渚のシンドバッド(77)、微笑がえし(78)、ヤングマン(79)、
帰ってこいよ(80)

 完全無欠のロックンローラー(81)、ウェディングベル(82)、
ボヘミアン(83)、二人の愛ランド(84)、セーラー服を脱がさないで(85)、
マイ・リボリューション(86)、輝きながら(87)、パラダイス銀河(88)、
川の流れのように(89)、浪漫紀行(90)

 愛は勝つ(91)、部屋とYシャツと私(92)、夏の日の1993(93)、
恋しさとせつなさと心強さと(94)、Tomorrow never knows(95)、
アジアの純真(96)、White Love(97)、Time goes by(98)、
First Love(99)、TSUNAMI(00)、Everything(01)、Voyage(02)、
世界に一つだけの花(03)

 残念ながら、シンシアの映像は全くありませんでした。
90年代に入ると、私は初めて聴く曲が大半です。2001年の
「Everything」の歌手はMisiaです。

朝日新聞27日夕刊の記事解説 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月28日(日)04時10分16秒
 記事の後半、ベストアルバムも相乗効果で売り上げが
伸びたとあります。キャンディーズはタイムスリップグリコ、
拓郎と早紀はブルボン「J'sポップスの巨人たち」でCDが
出ています。

 キャンディーズはタイムスリップグリコでは、「ハートの
エースが出てこない」と「危ない土曜日」があります。
詳しくは8月10日の投稿をご参照下さい。私も集めましたが、
一番難しかったのが「危ない土曜日」でした。

 バンダイのCDは、アニメソングのです。サントリーは
知りませんでした。

 昨日、コンビニ行ったら、カップ麺に女の子のDVD付きのが
売っていました。DVD蓋の部分に付いています。ちょうど
収まるんですね。ちょっとビックリ。

 ソニーは「曲はまだたくさんある」と言っています。
そりゃあるでしょう。シンシアの曲をもっと出して欲しいです。

朝日新聞27日夕刊の記事 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月28日(日)03時31分37秒
 朝日新聞12月27日(土)夕刊2面に、食玩の記事が
載っています。

 “おまけCD今や主役?”

 『お菓子などのおまけにつく直径8センチのシングルCDの
発売が、今年だけで1200万枚を超え、隠れたヒットを次々と
生み出している。60〜80年代の流行曲が中心で、当時を
懐かしむ親の世代から支持が広がり、お菓子や飲料に加えて
最近は入浴剤にもCDつき商品が登場した。おまけCDの曲が
入ったベスト盤が再び売れ始める相乗効果も出ており、新譜の
ヒット曲不足に悩む音楽業界の「救世主」ともいえそうだ。

 玩具メーカーのタカラは04年1月、人気歌謡曲をオルゴール曲に
編曲したCDつき入浴剤を売り出す。桑田佳祐や宇多田ヒカルらの曲
計36曲の中から一曲ずつ入れる。来年中に100万個の売り上げを
見込む。

 入浴剤「浴玩(よくがん)」シリーズの第2弾。60年代の
歌謡曲を使った第1弾は今月から出荷を始めた。本格販売となる
第2弾は、最近のヒット曲を中心にして強気の販売数を見込む。

 おまけCDつき商品は3年前に登場したが、「ブーム」に
火をつけたのは、江崎グリコが6月に発売した「タイムスリップ
グリコ(青春のメロディーチョコレート)」。売り上げは600万個を
超えた。外からは中に入っている曲がわからず買い集めるのが
難しいため、インターネットを通じたオークションでは全18枚
セットに1万円以上の値がつく人気ぶりだ。

 ブルボンが10月に発売したクッキーでは、CDが外から見える
デザインになり、曲が選べる。どの商品もほとんど、「衝動買いでも
出せる額」の300円台。新譜なら通常一千円程度するCDよりも
はるかに安い。

 音楽業界の期待も高まる。日本レコード協会のまとめでは、
8センチシングルCDの生産枚数は昨年まで5年連続の減少。
おまけCDの急増で今年1〜11月は類型1709万5千枚と
前年同期の2倍以上に。

 過去に発売したベストアルバムも、おまけCDに採用された
キャンディーズが前年の1.5倍、吉田拓郎は3倍、久保田早紀は
4倍以上も伸びた。曲を提供したソニー・ミュージック
コミュニケーションは「曲はまだたくさんあるので、しばらくは
魅力的なおまけCDつき商品が出せる」と話す。』

 ■今年発売された主な直径8センチCD付き商品■
 江崎グリコ 6月 菓子(チョコレート) 600万個
 バンダイ 9月 菓子(ラムネ)200万個
 サントリー 9月 清涼飲料 100万個
 ブルボン 10月 菓子(クッキー) 300万個
 タカラ 12月 入浴剤 50万個(目標)

 カラー写真が一葉あります。各社の商品を並べたものです。
残念ながらシンシアのは載っていません。

シンシアの全CD選書、ネット配信で復活! 投稿者:中崎あゆむ  投稿日:2003年12月26日(金)17時42分2秒
ご無沙汰ですが、情報をひとつ。

12/24からソニーのダウンロードサイト「bitmusic」で、
シンシアのCD選書(現在「20才まえ」以外はすべて廃盤、
「20才まえ」は生産中止)が全曲ダウンロードできるように
なっています。CD選書を買い逃した方には朗報ですね。
ただしwindowsユーザーのみ…。しかもCD−ROMなどには
コピーできないようになってるとか。
他にも太田裕美、キャンディーズ、渡辺真知子、久保田早紀ら
いつものメンツから、お宝CD選書となっている面々まで、
ゴールデン・ヒット・ポップスさながらのラインナップです。。

ただ、今回の企画については、既に選書をお持ちの方でも、
積極的にアクセスしたり、windowsユーザーの方は是非ダウン
ロードの方もしていただればな、と思います。というのも、
未CD化となっている残りのアルバムにおける大きな意義が
あるからです。 CD選書という製品パッケージでのCD化が
夢と消えてしまった今、この方式が唯一のデジタル化への道、
と言えそうですから。

尾崎亜美情報追加 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月26日(金)00時29分2秒
 解説を読んでいたら、シンシアについても書かれて
いました。「オリビアを聴きながら」の解説中にありました。

 “言うまでもなく78年の杏里のデビュー曲として
知られている。日本の女性アーティストの曲の中でも
屈指のスタンダードの名曲だ。ソングライターとしても
彼女の名前を高めた、いわば出世作。この年には南沙織に
書いた「春の予感」もある。

最近の雑誌情報など 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月26日(金)00時23分8秒
(週刊大衆増刊号)
 クリスマスパーティ(クリパ)にご参加の皆さん、感想の
投稿ありがとうございます。『週刊大衆』の増刊号ですが、
毎月最終金曜日に発売になります。11月28日(金)
発売の号(12月28日号)にシンシアが載っています。

 同じ日の蟹座さんの投稿で知りました。投稿にある
アドレスは、最新号の情報なのでシンシアの事は載って
いません。古本屋で探すかしかないと思います。

(ドリフの大爆笑)
 23日、フジテレビで『40年だよドリフ大爆笑』の
2時間半スペシャルがありました。ドリフターズ結成
40周年で、今までの秘蔵映像を見せるというものです。

 内容は拍子抜けするものでした。メンバー5人が、
各自で選らんだ特選コントを流すというもので、ほとんど
ゲストは出てきません。コントは一つのコントを
最初から最後まで流したので、数は多くありません。

 唯一、キャンディーズが出ている回が流され、
数分ラン・スー・ミキの映像が見れました。

(週刊漫画の巻末終わる)
 12月12日発売の12月26日号にシンシアの記事が
載っていた『週刊漫画』の巻末のアイドル紹介記事、
1月2日号で最終回でした。最終回のアイドルは奥村チヨでした。

(J'sポップスの巨人たち第2弾発売中)
 今日、偶然スーパーで見つけました。いつの間にか、
第2弾が出ていました。第1弾が70年代なので、
第2弾は80年代です。

 クリスマスで一番目立つ棚がクリスマス関連商品で
埋められていたから、わかりにくかったです。

 ブルボン:http://www.bourbon.co.jp/

 尾崎亜美のだけ買ってみました。中身は第1弾と同じです。
解説には、残念ながら「春の予感」については語られていません。

本屋さんに行ってアセかいた? 投稿者:峰山TT  投稿日:2003年12月24日(水)23時50分2秒
『アサヒ芸能』探して、汗かいた人いますか? ごめん、
『増刊 大衆』でした。12・28号。
余計に、あせかいたでしょう。代わりに、極秘情報。今年は、
なぜかクリスマスのドア飾りがありませんでした。
 さて、私にとって最初のコンサートお教えします。
「川崎文化会館」で、21歳前後のもの。失恋をきっと
癒してくれるに違いないと行ったのですが、なんと”眼帯”
をして出てきました。金を返してもらいたいくらい、遠いにも
かかわらず、さびしかったのです。そして、さらに驚いたのは、
初めから、最後まで”一言”もしゃべらなかったのです!
驚きではありませんか!!?
 に比べると、「星空のコンサートではなく、星空の音楽祭」は、
雲泥の差があるのです。たのしい、ではありませんか!

おでん美味しかった 投稿者:79番  投稿日:2003年12月24日(水)17時11分48秒
トナカイの皆々様。クリパではお世話になり
ありがとうございました。
3回目の参加にして、道に迷ってしまい30分も
遅刻してしまいました。過去2回はちゃんと行けたのに、
どうして迷うのか?カーナビじゃなくて人間ナビが欲しい
くらいです。
『喜劇花嫁戦争』のシンシアの可憐さといったら言葉で
言い表せないほどですね。出来ることならあの窓ガラスに
なりたい!!!

ありがとうございました。 投稿者:そらまめ  投稿日:2003年12月24日(水)12時20分29秒
今年も残す所僅かとなってしまいました。
去年の買ったパソコンでシンシアのコーナーにたどり着く事が
でき、いろんな情報を教えていただきました。
シンシアの声が聴けなくなったと書いた時、エスクードさんが
教えて下さったり、小麦色の肌・・と書いたら小麦の事を
教えて下さったトナカイさんとか。
雑誌・テレビの情報とかいろいろ教えて下さった多くの
皆さんに感謝しています。
豊島園の「星空のコンサート」の事が書いてありますが、
豊島園でコンサートをやったのは、一回だけでしょうか?
もし一回だけでしたら私もそのコンサート、見ていました。
私は、バカチョンカメラなるものを持っていきましたが
後ろの方には三脚などを立てて篠山紀信氏に負けない位
素晴らしいカメラを持った若者たちがいました。
私が写したシンシアの写真は、私には、しっかりシンシアと
わかりますが、友達に言わせると「そう言われればそうかも
知れない、でも浅田美代子と言われれば浅田美代子かもね」と
言われ、紀信氏に弟子入りするまでもないとその時知りました。
今年の心残りは「青春の絆」が買えなかった事です。
パソコンが上手く送れなくて・・
あんなこんなありましたが来年も宜しくお願い致します。
みなさん、お体に気をつけてまた、楽しいお話お聞かせ下さい。

17会クリパ大盛況おめでとうございます 投稿者:ブラックパパ  投稿日:2003年12月23日(火)23時37分54秒
トナカイ様幹事の方々ご苦労様でした。
今年の締めくくりにぜひ出席したかったのですが都合が
つかず返す返す残念でした。
青春の絆17-01号発刊以降オフ会には参加させていただき
とても楽しい1年でした。
特に幻の?映像「星空のコンサート」は圧巻でした。
衝撃の出来事はトナカイさんたちがシンシアの誕生日に
花束を持って行かれた時にシンシアに直接会えたことです。
一緒に行けばよかった!!!
何はともあれとても楽しい1年でした。
2004年はぜひ皆でシンシアを呼んでパーティーを
開けるといいですね。夢かな・・・・

17会忘年会盛況おめでとうございます。 投稿者:Shigeru  投稿日:2003年12月23日(火)18時32分3秒
いつも拝見させて頂いてます。忘年会も大変
盛り上がったようでおめでとうございます。
私も参加したかったんですが年末は超多忙で失礼しました。
なにしろ遠いもので!
それでも25周年に参加させてもらった事はいい想い出に
なってます。あの時の「星空のコンサート」の映像と唄は
今でも頭にこびり付いています。ほんとうに素晴らしかった!!

今年は青春の絆17-01号を頂いたり「17才」のデモテープを
頂いたりと今までになく有意義な年でした。7月7日の七夕には
今のCynthiaを拝見することもできました!
一番衝撃的だったのは何と言っても7月2日にトナカイさんたちが
Cynthiaのご自宅までお祝いに行かれCynthiaに直接会う事が
できたことでした。(当のご本人たちのほうが衝撃的だった
でしょうが、でもうれしかった!!)
私はCynthiaがデビューされた中学2年生のときからのファン
ですが(年がバレました?)、他のファンの皆様とこんなに
交流ができたのは今年がはじめてです(公式HPには2年くらい
前からカキコしてましたが)。
これからもこのHPを通じてCynthiaに関する貴重な情報を
教えてください。私もまた感想や少ないですがなにか情報が
あったら書き込みさせてもらいます。
これからも「17会」のみなさまのご活躍を祈っています。

至福の4時間でした 投稿者:  投稿日:2003年12月23日(火)12時30分54秒
21日のクリパおでん、本当に楽しかったです。
主催者の方々、本当にお疲れ様でした。
シンシアの貴重な映像の数々、今ではTV局でも保存して
いないものばかり…という気がします。
BSで観たNHK紅白の映像ではパーマをかけているのが
不満だったのですが(汗)、やはりシンシアにはストレートの
ロングヘアが似合う…と今回『夜のヒットスタジオ』や
ライブの映像で再確認出来ました。
参加者はBelloさんをはじめ優しい方ばかりで、感激しました。
今から来年のクリパを楽しみにしています。

クリパ楽しかったです。 投稿者:Bello  投稿日:2003年12月23日(火)10時43分41秒
今まで、何度も見せていただいていた最後の出演の
『スター千一夜』の映像が、すごくきれいになっていたので、
DVDに落とす前に、映像の修復作業を行ったんだろうかと、
思っていたら、トナカイさんが録画をしたあと再生すること
なく、冷暗低湿度の場所で今まで保存されていたとか。
本当にありがとうございます。

『優しい時代』Part2のヴィデオもトナカイさん秘蔵のため、
画像も驚くほどきれいだったし、もっとでてこないかなぁ?
トナカイさんの実家の倉庫???

「女性」の後の「想い出通り」も、三連符の曲なのに、
それから突然「人恋しくて」... なぜなんだろうと、
誰かこの辺の事情知っている人がいたら教えていただけますか?

恒例のクリパとても楽しかったです。 投稿者:京平先生の後輩  投稿日:2003年12月23日(火)03時17分8秒
トナカイさん、キンドーさん、いつも名幹事
ご苦労さまです。昨年に引き続き今回も楽しまさせて
頂きました。高価な『おれは男だ!』DVDをわざわざ
見せて頂いたu3ありがとうございます。シンシア出演の
回は私が沙織ストなりたての時に見たので、非常に
思い出深いのです(全体のストーリーの中でもこの回は
森田健作と早瀬久美の淡いキスシーンがあるので重要な
位置を占めていたはず)。後になって昼間に再放送
された時もまだかまだかとこの回が来るのを待ち焦がれ
ましたっけ。また、頂いたCD聴きましたよ。意外と
シンシア、早口なんですね(収録時間気にしているのかな?)。
あと、どなたかおっしゃってましたけど、会話に「あの…」が
多い(笑)。でも可愛い声なんで許しちゃいますけど。
また、来年もぜひ参加させて下さい。

まぼろしの歌姫 秘蔵版 投稿者:峰山TT  投稿日:2003年12月23日(火)00時46分56秒
「17会」にいるといつかCPに会えるのでは
ないかと最初考え、25年。四半世紀がすぎ、叶わず。
でも、ファンの町田君がビデオを撮っていた、そんな
話からいつか見れると期待していましたが、見たくないと
いうファン心理が消えない時期もあって見せてもらえず、
ビデオもありすぎて整理つかず、ついには11年前には
町田明弘くんが亡くなって、まぼろしのビデオのまま
私は忘れてました。
 そうしたら、先日のおでん会のなかで、恒例の上映が
はじまり、なんだかおばけ画像の知らないコンサート
やっていると遠くから眺めていたのです。なんで、
このコンサート行かなかったんだろうとずーっと
おでん会で考えていました。行けない理由のない時期なのに。
見たことのないコンサートはあまり見たくない心理が
どこかにあったのに、「貸してくれ」といったら、
抵抗なく貸してもらえ(25年の付き合い)、
若いひとたちには、画像が悪く見えたのでしょう、
競争がなかったので、OK。
どんなものかと不安。知らないコンサートらしいしと。
期待せず、わくわくもせず、「まあ、動かしてみるか」と。
まわりが、ボケ加減なのが、なぜか神秘的。
タイムマシンから眺めているようでもあり、UFOから
コンサートを見ているようでもあり。
(誰にも邪魔されないところで見るのが良いでしょう。)
 よく、よく、しゃべりを聞いていたら(飛ばして、
飛ばしてしゃべりだけ)、“な!な!なんと豊島園の
星空のコンサート”でした。たぶん、高価なビデオテープ
だから、司会の橋本テツヤがカットされ、わからなかった
のでしょう。
50年の人生で、わずか2時間しか、一度しか目にしなかった、
記憶も失せかけた25年前の光景がまた見えたのです。
こんな貴重な体験ができたのは私だけなのでしょうか
(世界一幸せと本当は叫びたい)、小生、脳内に聴神経腫瘍を
飼育しているため、捕らえ損ねる可能性もあったのに、
生きていて良かったと翌日静かに思う。
こんな体験そうそうできないでしょう? この日の
シンシアは、実は“まぼろしの愛しい(いとしい)女性”
なんですよ。
TM、UFOとしか表現できない感覚、深夜、DVDコンピュータは、
TM、UFOの窓となっていました。
 シンシアの18、19にきれいな写真があったけど、
このコンサートは若さではなく、女性として、とっても
美しいのです。この時と、この直前あたりのコンサートが、
しゃべり方に、人生、後にも先にも感じたことのない「色気」が
充分に、幸せ感があふれているのです。
わたしは、ひそかにそう考えていたのですが、数あるビデオから、
「星空のコンサート」が選ばれたのは、みんなもそう感じて
いたんですか?
 トナカイさん、DVD誰に貸したかもう忘れたでしょう?!
DVD調子悪いので、返却には時間がかかります。よろしく。

もろ出しなんです 投稿者:峰山TT  投稿日:2003年12月22日(月)22時24分50秒
おでん会で、別冊アサヒ芸能にCPがでている、買いにくい
けどと、いわれ、バカなと買いに行き、女店員に、ジャンルが
わからない?と聞かれ、「。。。AV系」「?」「ヌードの
出ているやつ」「犬?」と聞き返され、若い女の子に伝言され、
探しに付いていくと、ありませんね、取り寄せでと言って
姿が消え、待っていると「アサヒ芸能 特別高級版」
ビニール袋入りを、その若い女が持ってきた。裸が、
出ていればいいんじゃないの!とでも言うのか。あれは、
もろだしでこだわっているんだ!と言いたかった。3軒まわって、
どうしてこんなにこだわって探しているんだ? なにか重要な
記事があったかなと自分でも不思議に。かような性格だから、
30年もファンしているのか?

トナカイ様。ありがとうございます。 投稿者:バカボン  投稿日:2003年12月22日(月)07時48分28秒
昨日一日フライングして、状況の連絡を催促して
しまいました。とても分かりやすい状況説明、心より
感謝申し上げます。
いつかは、仲間入りしたいと思いつつ・・。今後の
17会のご活躍、期待しております。

17会忘年会盛況でした。 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月22日(月)01時10分20秒
 シンシアの引退25周年を飾る17会(となかい)忘年会が
新宿・お多幸で開かれました。21名の方が来ていただきました。

 恒例のシンシアのビデオ上映会も行いました。ビデオ
プロジェクターが用意出来ず、14型のノートパソコンの画面で、
画面が小さくてごめんなさい。今まで上演したビデオですが、
初めて見る人もいらしゃって、盛況でした。

 今年の目玉は、u3が持ってきた『おれは男だ!』DVDボックスです。
65000円弱で買って持ってきたDVDをみんなで見ました。
シンシアに関係するのは2話のみ。一話は、1972年の幕開けに
歌手のシンシアが歌うというもので、これは前から知っていました。

 もう一話は、夏の海での話。話の冒頭、「17才」がBGMに
かかっている中、海辺で芝居が進むというものです。こちらは、
初めて見ました。このBOXでシンシアが出てくるのは、計3分です。
このためだけにBOXを買うu3、あんたは偉い。

 今年一年、さまざまな事がありました。4月の花見の席での
「17才」店頭試聴盤の歌詞違いのレコードの演奏、6月末の
「青春の絆17-01号」の発行、7月2日にシンシアに薔薇の
花束を贈った事、10月の25周年の集まり。走馬灯のように、
今年の出来事が思い浮かびました(><)。

 午後5時から始めて、10時まで皆さん、ビデオを見ていたり
話したり、おでんを食べたりと大忙しでした。参加していただいた方、
お疲れ様でした。

ごめんなさい。 投稿者:バカボン  投稿日:2003年12月21日(日)16時44分33秒
うっかり土曜日と勘違いしてました。
楽しいひと時をお過ごし下さいませ。

名前のとおり、バカボンでした。m(_ _)m

クリパは今日ですよ! 投稿者:Bello  投稿日:2003年12月21日(日)14時51分55秒
クリパに参加するために、さっき東京へ戻ってきました。
あと数時間後です。

「女性」の別バージョンを聞くと夏の歌のような感じが
するのだけど、冬の発売に合わせて歌詞を夏から早春に
かえたのでしょうか? 三連符で始まるメロディは、
やはり夏の歌詞の方があっているような気もするけど。
僕も辰さん同様、新鮮な感じをいつも感じてます。

(無題) 投稿者:バカボン  投稿日:2003年12月21日(日)08時29分20秒
昨日は「クリパ」さぞかし盛り上がって楽しいひと時に
なられたことと思います。機会があれば是非参加させて
頂きたいな・・。その日が来るまで、続けていて欲しいと
思います。
どのような集まりになられたのか? 聞かなくても
トナカイさんあたりから報告はあると思いますけど、
なかったら悔しいので念のためお願いしておきます。
いつもこのページは拝見させて頂いております。
貴重な情報をありがとうございます。

29年前… 投稿者:  投稿日:2003年12月21日(日)00時59分45秒
トナカイ様、シンシアファンの皆様、今晩は。
既にメールで参加申し込みをさせていただきましたが、
本日のクリパおでんが楽しみです。
どうぞ宜しくお願い致します。

12月21日というと、14枚目のシングル「女性」が発売された
日でもありますね。シンシア自身も気に入っていた曲のようで、
透き通るようなメロディ&伸びやかな歌声は何度聴いても
新鮮な感じを与えてくれます。

訂正:『おれは男だ!』の第20話 投稿者:u3  投稿日:2003年12月20日(土)02時45分27秒
木曜日の時間帯が間違っていました。(^_^;) (ログ訂正済)
それと、5週間に一回一挙5話放送していて、21日がその日でした。
第20話は16:00-17:00に放送されます。まさにお多幸の直前です。
スカイパーフェクTV ch.362 ホームドラマチャンネル
 12/21(日) 16:00-17:00
 12/23(火) 22:00-23:00
 12/25(木) 11:00-12:00
 12/27(土) 07:00-08:00

週刊漫画TIMES12/26号の巻末特集 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月15日(月)09時16分48秒
 芳文社発行の週刊漫画TIMES(普通は「週刊漫画」で
通じる)は、巻末に1頁のアイドルの特集記事をここ2年ほど
載せています。白黒(実際は赤っぽい白黒)ページです。

 70年代のアイドルを毎号一人取り上げています。体裁は
毎回同じで、上の5分の4が一枚の写真、下がコラムです。

 この連載には、私も途中から気付いてのですが、シンシアは
もう取り上げられたものと思っていました。でも、先々週号が、
天地真理でした。もしかしたらと思ったら、一週おいて、
とうとうシンシアが登場です\^o^/

 写真は、デビューした年のレコード大賞新人賞を受賞した時の
写真のようです。おおかなトロフィーを手にマイクの前で挨拶を
している写真です。

 “あの頃キミは若かった−黄金の70年代を飾った
TVヒロイン−Stage.103”

 シンシアと呼ばれた沖縄出身アイドル

 南 沙織のデビューは1971年。翌年の72年には
沖縄が日本に返還され、日本中が沖縄に注目した時期だった。
沖縄出身の彼女は、沖縄の代表のように見られた。彼女自身、
そのように見られることに悩んだ時期もあったと後年ある新聞
インタビューで語っていた。

 ビジュアル的にも南国的なイメージが強かった。小麦色の肌に
サラサラの黒髪、健康的でどこか日本人ばなれしていた。沖縄の
「陽」の部分の象徴でもあった。

 クリスチャンネームの「シンシア」がそのままニックネームに
なったが、それも彼女のイメージにあっていた。吉田拓郎が彼女を
モデルにして「シンシア」という曲を作り、かまやつひろしと
歌ってヒットしたなんてこともあった。

 デビュー曲の「17才」が大ヒット。作詞・有馬三恵子、
作曲・筒美京平で、以後、彼女の曲は15枚目のシングルまで
この黄金コンビによって作られた。

 79年に写真家の篠山紀信との結婚を機に引退したが、
91年に一時復帰して紅白にも出場。引退から十数年たっても
爽やかな歌声は変らず、当時の話題にもなった。

 山田カカト(アイドルウォッチャー)

 芳文社HP:http://www.houbunsha.co.jp/
 今週の週刊漫画:http://www.houbunsha.co.jp/calendar/calendar.html

ご存知かもしれませんが 投稿者:yui  投稿日:2003年12月14日(日)20時58分54秒
はじめて、書き込みさせていただきます。いつも貴重な
情報源として活用させていただいています。
ご存知かもしれませんが、12月11日(多分東京は)発売の
週間漫画TIMSの
最終ページ。Cynthia載ってます。やっとって感じ。ですが、
写真は受賞シーンです。。
なぜか、Cynthiaの写真は、デビュー当時の頃のが多いですね。

『おれは男だ!』の第20話 投稿者:u3  投稿日:2003年12月11日(木)01時06分41秒
Ms. Whiteさん、ユタカさん、いらっしゃいませ。

関屋さんの2001/11/19の投稿

> CSのホームドラマチャンネルで放送中の森田健作さん主演
> 『おれは男だ!』の第20話「さらば海の恋人よ!」の冒頭で、
> シンシアの「17才」が、ほぼフルコーラスで使用され、抜群の
> 効果をあげていました。何度聴いても、全く古びない名曲ですね。

の、『おれは男だ!』の第20話「さらば海の恋人よ!」がまもなく
放映されます。今週が第18話ですから、再来週ということになります。
スカイパーフェクTV ch.362 ホームドラマチャンネル
 12/23(火) 22:00-23:00
 12/25(木) 11:00-12:00
 12/27(土) 07:00-08:00
Cynthiaが出演の第37話「明けまして頑張らなくっちゃア!」は、
今のままでいくと、来年の4月20・22・24日ということになります。

また、Belloさんの10月11日の情報、
> 【輝く日本レコード大賞(1975年)】2004年1月放送決定!
は、2004年1月11日(日)19:00-21:00放映です。
スカイパーフェクTV ch.363 TBSチャンネル

『おれは男だ!』は、DVD-BOXでも発売されています。分売なし (^_^;)
『おれは男だ!』DVD-BOX I Vap VPBX-11938 2002/12/21発売
  第1話〜第24話収録\34800(6枚組+特典ディスク)
『おれは男だ!』DVD-BOX II Vap VPBX-11939 2003/03/21発売
  第25話〜第43話収録\29000(5枚組)
・第20話が収録されたDVD-BOX I Vol.5
 裏ジャケット
 “冒頭で南沙織の「17才」が流れる夏休みシリーズ最終編”
 内ジャケットの解説(マメ知識)
 “冒頭には南沙織の当時のヒット曲「17才」が選曲されている。
 1989年には森高千里カヴァーでリバイバル・ヒットとなった”
・第37話が収録されたDVD-BOX II Vol.10
 内ジャケットの解説(マメ知識)
 “年明けには、南沙織が登場しデビュー第2弾「潮風のメロディ」
 を歌う、歌謡史的にも貴重な映像が見られる”

シンシアファンの皆様、はじめまして 投稿者:ユタカ  投稿日:2003年12月10日(水)22時05分48秒
毎日HPに遊びに来ています。皆様の熱い書込みに
触発されて、書込みしました。

僕はサオリスト歴20年の後追いファンです。実はシンシアが
現役の頃は、よく覚えていないのです(汗)。

シンシアとの出会いは、あるペットの本でした。学研の「ペットを
飼おう」という本にシンシアが掲載されていたんです。その本には
人気アイドルが掲載されていて、鳥の項目は天地真理さんで金魚の
項目は森昌子さんでした。そして我らがシンシアは犬の項目で、
当時シンシアが飼っていたピィウィちゃん(名前は間違っているかも)と
一緒に微笑んでいました。ピィウィちゃんは「哀愁のページ」の
レコードの中ジャケで一緒に写ってますよね。

ヨークシャテリアの美しさはシンシアの髪の美しさととっても
マッチしてる、そんな記事内容だったと思います。プロフィールに
ヒット曲は傷つく世代やともだちと書いてあったので、おそらく
昭和48年の夏から秋にかけて発売された本ではないでしょうか。

この本を実際に読んだのは小3の時で、綺麗な人だなぁと思って
いました。そして中1の時に初めて「17才」を聴き、なんていい曲だと
感激してサオリストになりました。それから20年ずっとシンシアの
大ファンです。因みに僕の携帯の待受画面は「純潔」のレコード
ジャケットです。

後追いファンなので、現役時代からのファンの皆様がとても
羨ましいです(涙)。これからもいろんなシンシアの話を
聞かせて下さいね。よろしくお願い致します。

要らぬことを… 投稿者:betti  投稿日:2003年12月10日(水)15時41分31秒
僕が握力の事を書いたがために無用な議論を
引き起こしてしまいました。申し訳ありません。

ただ、おずおずとプレゼントも持たずに舞台前に
のこのこと行って手を差し出したら、すごっく柔らかく
小さいけど、思いっきり握られて嬉しかったです。

21日のクリパが盛況であることを心より、遠き地
京都からお祈り申し上げます。

12月21日の忘年会のお知らせ 投稿者:トナカイ  投稿日:2003年12月08日(月)00時04分30秒
 何度もお知らせしていますが、
21日(日)夕方から恒例の17会の忘年会を開きます。
ご参加希望の方はメールを下さい。お待ちしています。

 シンシアの話で盛り上がっていますので、私も自慢話を
一つ。シンシアの引退の直前、1978年10月1日(日)に、
ファンクラブ主催のサヨナラパーティが開かれました。

 場所は、赤坂プリンスホテルです。ホテルの本館の
5階建て位の5階かなの大宴会場で開かれました。
400人ほどのファンが集まったと思います。

 本館の隣にはプールがありました。沖 雅也が隣の建物から
飛び降りて入水自殺したプールです。その2年後位に、
プール跡地に高層のホテル棟が立っていますが。

 話を戻してサヨナラパーティですが、2時間くらいの
時間でした。シンシアの歌があり、クイズ形式の賞品大会
(言葉が思い浮かばない)がありました。

 なにやったか覚えていないのですが、このクイズの
最初の方で、私は何か答えて当選したんです。

 壇上に上がって、シンシアから賞品をもらいました。
私の賞品はシンシアの浴衣(ゆかた)でした。白地の浴衣に
シンシアのサインが沢山印刷されているものです。明星か
平凡の懸賞の賞品と同じものです(見た瞬間に分かりました)。
シンシアにサインもしていただきました。

 他は当たらなかったんですが(これだけで十二分ですが)、
この浴衣は私の宝物になっています。パーティのおしまい、
参加者全員が通路に並んで、全員にシンシアが握手して
くれました。シンシアの暖かい手は一生忘れられない思い出です。

RESデース 投稿者:Shigeru  投稿日:2003年12月07日(日)21時30分27秒
海田さん、ボクが女性に対して失礼と書いたのは
ビジネスの場面のことで、男性と同じにように女性にも
握手しないと失礼らしいという意味でして…。
海田さんが書かれている状況では全く問題ないのでは?
気にしないで下さいネ!
それよりCynthiaがもう一度やり直してくれるんなら、
ぜひ僕も参加させてちょーだい!!

Ms. Whiteさん、よーくわかりました。もう話題は
終わりにしましょうネ。

アッ、間違えてる! 投稿者:Ms. White  投稿日:2003年12月07日(日)21時11分0秒
Shigeruさん、名前打ち間違ってました。(ログ訂正済)
男性に対して失礼だよ!と言われる前に謝っておきます。
ごめんなさい。

そんな事口が裂けても… 投稿者:Ms. White  投稿日:2003年12月07日(日)21時04分30秒
shigeruさん、言葉が足りずうまく伝わらなかった
ようなのでまたしても二の腕の話です。
あれはまだ学生の頃、駅のホームでCynthiaと話していた時、
一人の男の子が私に対して少ししつこく聞いてくる場面が
あって、それを見ていたCynthiaが「女性に対して失礼よ!」
と一言たしなめてくれたというわけなんです。
当の本人は何も気にしていなかったのに言われて初めて
「エッ、そうなんだ〜」と、当時18だった私はただただ
Cynthiaって大人なのね!と感心させられたものでした。
で、その時のお礼とお返しを兼ねて二の腕の話は
もうよしましょうということだったんです。
こんな感じでわかってもらえたでしょうか?

ええっ、軽く握るのは 投稿者:海田  投稿日:2003年12月07日(日)20時55分15秒
失礼になるんですか?ショーーーック!
Shigeruさん、情報ありがとうございました。
シンシア、そんなつもりはなかったんですよ。
もう一度やり直しさせてください。

Handshake 投稿者:Shigeru  投稿日:2003年12月07日(日)17時37分47秒
Cynthiaに握手してもらったという皆さんの書き込みを
見てうらやましく思います。
まだ感触が残ってますか? いいですネー!

日本人の握手は欧米人からみてちょっとソフトすぎる
みたいですね。気持ちが伝わらないというか…。
特に女性に対しては控えめに握手をしてしまう
傾向がありますが、あれはかえって失礼なんだそうです。
Cynthiaはアメリカンスクール育ちなので普段からしっかり
握手されてたのかナー? なんて思いました。もち、
Cynthiaはファンに対しては特別気持ちを込めて握手
されてたんでしょうが…。それにしてもうらやましい!!
しょうがないんでだれかCynthiaに握手してもらった
その手でボクに握手してもらえません?
Ms. Whiteさん
Cynthiaの二の腕の件、僕もちょっと気になってました。
でも御本人に言っちゃたんですか?
それはダーメ、ダメよ〜ん。

(無題) 投稿者:takashinn  投稿日:2003年12月07日(日)15時54分12秒
有難うございました。
これからも、楽しい掲示板にしていきましょう。

ふざけた野郎は削除してください!!! 投稿者:takashinn  投稿日:2003年12月06日(土)21時55分0秒
初めて、ここに おじゃまします。公式には、ちょくちょく
カキコしているのですが。
私の前の(今の時点 9時50分 ですが)投稿(というのか、PRなのか)
は 許せません!
この、HPには 純粋に cynthia を応援する、少年、少女の気持ちの
方たちの ふれあいの場所です。常識のない人は 相手に したくない!

シンシアと握手 投稿者:海田  投稿日:2003年12月05日(金)08時56分28秒
私もシンシアとの握手について一言。
『春の予感』が発売された頃、松山のデパートの屋上で、LPレコードを
買って握手してもらいました。何人もの人と握手して大変だろうなと
思って、軽く握手したら、思いがけず強く握り返してくれて、
ムチャクチャ感激しました。

今も歌ってるんですね 投稿者:かんちゃん  投稿日:2003年12月05日(金)00時50分31秒
優雅の近況有り難うございました。あちらでは、いまだスターの
ようで。中国語訛りの「純潔」や「ともだち」なかなか良いです。
で「ともだち」の本当の中国語(正確には何語?)バージョンも
あるんですけどこれもCD化して欲しいです。「処女航海」は
いい曲でした。結構ヒットしましたし。私は「胸さわぎ」が好きです。
イントロの不気味なピアノと、コーラスと優雅の声が絡みまくるところ
最高です。
岩崎宏美ちゃんは、本当にシンシアの事がすきなんですね。ラジオの話
面白かったです。家族対抗うた合戦(だったかな?)でデビュー前の
良美ちゃんが「ひとかけらの純情」を歌ったと聞いたことがありますが、
姉妹そろってシンシアファンなんですね。

訂正>RE:渋いですね。 投稿者:u3  投稿日:2003年12月04日(木)01時41分41秒
> 何のデータも載っていませんでした
『Cynthia-ly』にはマスタリングとカバーデザイン、
『小沢なつき アイドル・ミラクルバイブルシリーズ』にも
カバーデザインのデータは載っていました。訂正します。m(_ _)m
他は知りませんが、『Cynthia-ly』、優雅、なっちゃんとも
デザインは山崎つよし氏なんですね。

RE:渋いですね。 投稿者:u3  投稿日:2003年12月04日(木)01時01分50秒
> 今何してるんでしょうね。
当時の事情は知りません。(^_^;) 以前見つけた尤雅のカラオケ
VCDでは、(近年の)本人が出ていました。また、その後見つけた
香港在住のファン(鐘詩傑)のウェブサイトによると、今も
年に数回演唱会も行なっているようです。東南アジアの中華圏で
現役でがんばっているようです。2004年1月23 〜25 日には
シンガポールで演唱会があるそうです。
"Taiwan Super Star Chinese New year concert"
下記リンクの留言1819。
『優雅(尤雅) 筒美京平を歌う アンド・モア』には、そのサイト
が紹介されているし、Si Kit Chung(鐘詩傑)氏が2ページの
解説を書いています(英語。日本語訳なし)。企画、デザイナー、
マスタリング・エンジニア等のデータも載っていたり、だいぶ
力が入っているようです。同じアイドル・ミラクルバイブル
シリーズの(小沢)なっちゃんのものには、『Cynthia-ly』
同様何のデータも載っていませんでしたが。
http://hkumath.hku.hk/~schung/yuyar/guestbook/guestbook15.html#guest

あの時のお礼を 投稿者:Ms. White  投稿日:2003年12月04日(木)00時44分2秒
初めまして!Cynthiaとの握手はいつもこちらが握り返すのが
ためらわれるほどしっかりしたものでした。目を見て心を込めて
そんな心に残る握手です。二の腕…今は細いかも。
「女性に対して失礼よ!」一度Cynthiaが言ってくれた言葉、ここで
その時のお返しをしなくっちゃ。週刊誌買いました。一度は断念して
二度目は勇気を出して。顔が赤くなるやら熱くなるやらで冷や汗もの
でしたがとにかく手に入ってメデタシメデタシ。それにしてももっと
買いやすい雑誌にしてほしかったですね。

渋いですね。 投稿者:かんちゃん  投稿日:2003年12月03日(水)21時25分9秒
優雅とは、また、物凄く渋いですね。よくソニーが発売に
踏み切ったもんです。ナベプロのアグネスチャンに対抗して
ホリプロが送りだした台湾のスターでしたが、わずか1年で
帰国してしまいましたね、(詳しい事情ご存知の方教えて)。
かわいらしいアグネスの曲、声、歌い方に比べ、優雅は、
ハードなポップスで声も歌唱もかなり個性的でしたね、
上手かったけど。作家陣が、シンシアと全く同じだったので、
アグネスとシンシアの中間を狙ったのかな?
今何してるんでしょうね。

シンシアの握力 投稿者:betti  投稿日:2003年12月03日(水)17時45分56秒
蟹座さんの投稿を読んで、確かにシンシアの二の腕は
太かったと思い出しています。僕が実感したのは握手して
もらった時かなぁ…。たしかにステージ中の握手なので、
シンシアがパッと握って、こっちが握り返すまもなくパッと
離すのがアイドルの掟だとはその時は思っていたのですが、
でもあの握力はすごかった!!

『優雅(尤雅) 筒美京平を歌う アンド・モア』も発売 投稿者:u3  投稿日:2003年12月03日(水)02時03分12秒
みなさんが書かれているようにこの2週間、Cynthiaのベスト、
「早春の港」のカバーが収録された岩崎宏美の『Dear Friends II』、
「想い出通り」「色づく街」のカバーが収録された川島なお美の
『ハロー!』、「ともだち」「純潔」のカバーと「私の港」の
オリジナル(というか元歌というか)「新しい街」等が収録された
優雅の『優雅(尤雅) 筒美京平を歌う アンド・モア』と、
CynthiaがらみのCDが発売ラッシュですね。うれしい悲鳴です。
それらにさきがけて、「J'sポップスの巨人たち」もありましたが。

11/30、『Dear Friends II』と『ハロー!』等を買った日本橋
からの帰りにラジオを聞いていると(自転車)、岩崎宏美がゲストで
出ていました。
ABCラジオ『芦沢誠の元気の源』〜岩崎宏美こだわり人生 21:00-22:00。
番組の最後に、『Dear Friends』と『Dear Friends II』から
1曲ずつかけられたのですが、『Dear Friends II』からは
「早春の港」がかけられました。そのときの芦沢誠(ABCアナウンサー)
とのやりとり。(I:岩崎宏美、A:芦沢誠)
     :
I シンシアのとにかく私はファンですから。番組でいっしょになると
 なんか、意味もなくいつも隣にいた私ですから…。(笑)
A それ、どういうことですか? (笑)
I だって好きなんだもん。かわいいし…。ほんと…。(笑)
(二人とも大笑いでの会話)
A すごくわかりやすい…。で、彼女にも歌いっぱいある中で?
I えっとね、最終的に5曲くらいに絞ったんですよ。すごくたいへん
 だったんですけどもね。シンシアのBOXも持ってますしね、私は。
A さすが。ファンの証ですわ。
I そうですよ。当然です。で、う〜んと、ま、「色づく街」とかね、
 「女性」とかね、いろいろあったんですけど、でも「17才」、ちょっと
 はずかしくて歌えないなとか、いろいろありながら…。(笑)
A はずかしいこといっぱいあるんですね。なんかね。(笑)
I そうそうそうそう、それなりに…。あの、この「早春の港」って、やっぱり
 先ほどの芦沢さんの話じゃないけど、ちょっと大人を感じたんですね。
A あー。はいはいはいはい。
I あっ、シンシアがちょっと大人になっている。お姉さんぽく見える…。
A その感じって大事でしょ、やっぱり。
I うん。大事です。
     :

鉄腕シンシア 投稿者:蟹座  投稿日:2003年12月01日(月)19時42分53秒
シンシアは、スポーツが苦手!というのは皆さん、ご周知と思いますが、
信頼できる筋によると、意外にも「彼女の腕が太い」という情報もあります。
岩崎宏美さんとの腕相撲も、結構「ガチ」かも知れません。

また、コンビにで立ち読みしてたら、宝島社のムック「昭和探偵倶楽部」
の表紙の一部に「17才」を発見。本文「昭和のレコード」の欄にも若干
紹介されれいます。
http://tkj.jp/mook/479663701x/

岩崎宏美さんといえば.. 投稿者:WASI  投稿日:2003年12月01日(月)13時43分44秒
そうですか、「早春の港」をカバーしていらっしゃるの
ですか。私も、歌のうまさを自慢しているような歌い方と
感じていて、岩崎宏美さんをどうも苦手だったのですが、
こんな記事をみると、それだけで好ましく思えてきて
しまいますね。我ながらミーハーなことであきれてしまいますが。

月刊明星の企画で「女性アイドル腕相撲大会」という
微笑企画(失笑企画?)があったのですが、1回戦が
南沙織VS岩崎宏美でした。岩崎宏美さんは優勝候補でしたが、
なんと負けちゃったんですねえ。Shigeruさんの報告を
読んでみると、あれはシンシアに花を持たせてくれたのかも。

川島なお美の「色づく街」 投稿者:  投稿日:2003年12月01日(月)13時41分52秒
シンシアファンの皆さん、こんにちは。8ヶ月ぶりの投稿に
なります(^^;)。
11月27日、東芝EMIから「必聴名盤シリーズ」(70年代〜
80年代アイドルのファーストアルバムを、24bitリマスターで
完全復刻。税込2,300円)が発売されました。
その中の一枚、川島なお美さんの『ハロー!』(TOCT-25238)
では、意外にも(?)シンシアの「想い出通り」と「色づく街」が
カバーされています。なかなか良い感じで歌っていますよ。
なお『ハロー!』の発売日は82年6月1日。その4ヵ月後には
三田寛子さんの「色づく街」がリリースされていますから、
80年代に入ってもなおシンシアの人気が高かった事が伺えますね。
>蟹座さま
『増刊大衆』の情報ありがとうございました。なかなか密度の
濃い記事ですね。目次にはシンシアと仲間由紀恵さんが並んだ
状態で写っているのも新鮮でした(笑)。



 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2004年01月    の伝言板を読む
2003年11月    の伝言板を読む

Cynthia Street の目次ページに戻る