Cynthia Street の目次ページに戻る


Cynthia Street 2009年12月の伝言板

 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2010年01月    の伝言板を読む
2009年11月    の伝言板を読む


『おとなの週末』に「昭和歌謡バー」特集(2010.1号) 投稿者:トナカイ  投稿日:2009年12月31日(木)23時56分46秒
 月刊誌『おとなの週末』今月号である2010年1月号に「昭和歌謡バー」が
載っています。P66・67の見開きです。

 昭和の歌謡曲を中心にかける居酒屋を特集していて、五軒が紹介されています。
記者が五軒を取材してのルポが書かれています。残念ながらシンシアの曲は取材時に
かかっていませんでした。

 取材した店は以下の五軒です。訪ねてみると、楽しい酒が飲めるかもしれません。

 昭和歌謡BAR楽屋(銀座):http://www.bar-gakuya.jp/
 なつかしや(新橋):http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00017951/index.html
 m−129(恵比寿):http://www.sumimitsuo.com/m_129.html
 昭和ブギ(新宿西口):http://r.gnavi.co.jp/e156800/
 ヤングマン(新宿三丁目):http://pub-youngman.com/

 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=246

 今年の紅白、矢沢永吉さんがいきなり登場でビックリしました。


 皆様、よいお年をお迎え下さい。

少し早いけど、、、 投稿者:五日市のファン  投稿日:2009年12月30日(水)16時32分49秒

今年もシンシア関連の情報ありがとうございます。
来年もシンシアと皆さんにとって、
好い年であります様に。

『明日への遺言』正午から放送(09.12.29) 投稿者:トナカイ  投稿日:2009年12月29日(火)11時53分18秒

 あと5分で始まりますが、正午から大岡昇平先生原作の『明日への遺言』が
テレビ東京で放送されます。2007年制作の映画です。地上波初登場です。
クリックで拡大
クリックで拡大

Xmas 投稿者:betti  投稿日:2009年12月25日(金)21時25分13秒
KINDOさん、Xmasは自宅でってことですよね。それはある意味正論であり、
日本経済を疲弊させる原因ともなる。でも、今日は『アンソロジー5』を
聴きたいな。

七面鳥の諸君へ告ぐ 投稿者:KINDO  投稿日:2009年12月24日(木)11時12分18秒
七面鳥の諸君! 緊急避難せよ! 人目につかぬよう姿を隠せ!
日本国内では、ニワトリのみんなも身を隠せ!
君たちに身の危険が迫っているぞ! 特に一年で一番あぶない時期だ!
本日より2日間じっと身を潜めよ!
この発令電文は、訓練ではない! 繰り返す。
この発令電文は、訓練ではない! 緊急避難せよ!
今すぐに人間のもとから遠くへ逃げろ!
そして2日後に、また笑顔で会おう!
発令者:レジスタンス同盟代表・コッコ鶏蔵

「君の瞳に恋してる」のボーカルは“シンシア” 投稿者:トナカイ  投稿日:2009年12月18日(金)01時11分9秒
 映画『カサブランカ』、アメリカ映画の最高峰と言ってもいい映画です。
有名な台詞が沢山ありますが、有名な会話を挙げると、

 夕べどこにいたの?
 そんな昔のことは忘れた。
 今晩会える?
 そんな先のことはわからない。

 最も有名な台詞は次でしょう。

 「君の瞳に乾杯」

 今年、宝塚歌劇で『カサブランカ』が世界初の舞台化がされました。来年1月3日
から一ヶ月間、東宝劇場でも上演されます。シンシアも観ると思います。

 「君の瞳に乾杯」について色々調べていました。そのついでに、「瞳」がらみで、
「君の瞳に恋してる」も調べました。

 この曲、名前は知らなくても、聞けば誰もが知っています。

 そしたら、すごい鉱脈を掘り当ててしまいました。

 「君の瞳に恋してる」は、原題が「Can't Take My Eyes Off You」です。

 1967年にフォー・シーズンズ(Four Seasons)のフランキー・ヴァリ
(Frankie Valli)がソロシングルとして発表しました。この曲はヒットしてます。

 でもこの曲と、今知られている曲とは、かなりの別物です。

 今、知られているのは、1982年にボーイズ・タウン・ギャング(Boys Town Gang)
がアレンジして発表した曲なのです。このグループは男性二人、女性一人の
トリオです。邦題の「君の瞳に乾杯」もこの時に付けられています。

 今回、フランキー・ヴァリのオリジナル曲をネットで聴いてみました。曲が
スローなのと、間奏が違っています。ご存じの通り、今知られているこの曲は、
間奏が長いです。「チャラ・チャラ・チャラ・ラ・ラ・ラ」とテンポのいい
演奏があって、サビの「アイ・ラブ・ユー・ベイビィ」と来ます。

 ヴァリの曲は、スローテンポで、間奏の演奏も違います。間奏の演奏時間も短いです。

 ボーイズ・タウン・ギャングの記述を読んでいると、何と、最初のボーカル
は、シンシア・マンリー(Cynthia Manley)という歌手でした。

 “ヴォーカルは女性でシンシア・マンリー。地元サン・フランシスコの
オーディションで見事優勝し、リードヴォーカルに抜擢されました。
それまではキャバレー歌手としてシスコで歌っていたそう”

 洋楽名曲おすすめ:http://blogranking.net/blogs/105296/?entry_no=111243715

 「君の瞳に恋してる」を取り上げたHPを読むと、いくつかのHPに“シンシア”の
記述がありました。後でグループは脱退しています。

 でも、不思議なことに、初代メンバーだったとは書かれていても、それ以上は
何も書かれていませんでした。ですので、今は歌っていない人と思いました。

 「Cynthia Manley」で検索すると、続々出て来ます。現役の歌手でした。どんな
歌手かわからないので、私の報告はここまでとします。どなたかフォローをお願いします。

 この話は、「君の瞳に恋してる シンシア」で検索をすると情報が集まります。

 Cynthia Manley:http://www.cynthiamanley.com/
クリックで拡大

『夕刊フジ』に百恵さん近況(09.12.15) 投稿者:トナカイ  投稿日:2009年12月16日(水)22時30分57秒
 昨日の『夕刊フジ』2009年12月15日号の第17面に百恵さんの近況と
酒井ディレクターのコメントが載っています。

 “山口百恵引退30周年 復帰どうなの?−スター不在で待望論が再燃−”

 引退から来年で30周年を迎える山口百恵さん(50)。表舞台には相変わらず
顔を出していないが、メモリアルイヤーに向けて、復帰待望論が再燃しそうだ。
置いたマイクを百恵さんが拾い、再び歌う日は来るのか。

 百恵さんといえば、俳優の三浦友和(57)との間にもうけた長男、三浦祐太朗
(25)がロックバンド、Peaky SALTのボーカル&ギターで、音楽番組
やCMに進出。次男の三浦貴大(たかひろ、24)も俳優デビューし、着実に自立
に向かっている。
 そんな中、現役時代に多数の歌を提供した作曲家で歌手の宇崎竜童(63)が、
歌番組『ザ・ベストテン』の百恵さんの出演シーンをまとめたDVDボックスの
発売イベントで、先週末、百恵さんの近況を明かした。

 宇崎は約1カ月半前、作詞を手掛けた妻の阿木燿子(64)とともに百恵さんと
会食し、29年ぶりに再会。百恵さんは「親バカで申し訳ないですが…」と言い
ながら、Peaky SALTのCDを手渡したという。

 宇崎には「息子2人には芸能界の誰かを紹介するようなことはしていない」と
語っていたというが、自身が縁を切った芸能界で生きる道を選んだ愛息を陰で
応援する優しい母の顔が垣間見えた。

 百恵さんは引退後も、女性誌やワイドショーの過熱取材の標的となり続けてきた。

 引退30周年となる来年はメモリアル商品の発売やイベント開催が相次ぐとみられ、
復帰を望む声は高まりそうだ。「百恵さんが紅白歌合戦に出ることになれば、
驚異的な視聴率を記録するのは間違いない」(音楽関係者)ともささやかれる。

 だが、当時、百恵さんを世に送り出したメディアプロデューサーの酒井政利
氏は「復帰の可能性は500%ない」と断言。

 「彼女が表舞台にまったく出ないのは、人間・三浦百恵として、山口百恵の
イメージを死守したいという強い責任感があるから。僕も約1年半ぐらい前に
彼女と会いましたが、妻、母として頑張っている」と酒井氏。

 「息子は母によく似るものですが、祐太朗君は顔も声の音色も百恵さんと
似ていて、人気が出ると思う。伸びてほしいですね。百恵さんも自分ではなく、
息子さんに注目が集まるのを望んでいるのでは」と笑う。

 引退から30年近くたつのに衰えない百恵さんのオーラについて、酒井氏は
「それだけ今がスター不在の時代だということ。山口百恵が愛され続けている
ことには、百恵さん本人も内心では喜んでいると思いますけどね」と語るばかりだ。

 2009年12月15日17時00分(2009年12月16日11時29分更新)
 http://excite.co.jp/News/entertainment/20091215/Fuji_EN_zak20091215008.html

RE3: アラン・オディさんのCD 投稿者:u3  投稿日:2009年12月15日(火)01時41分25秒
Amazon.comでは日本盤を輸入盤として扱っているようです(発売日は2009/12/23)。
他の英語サイトでも同様のようです。
Googleで、“アペタイザーズ アラン・オデイ 2009年12月23日”と検索してみると
現在、発売日が2010年1月1日となっている通販サイトでも、以前は発売日が
2009年12月23日となっていたことがわかります。発売日が延期になったのでしょう。
海外サイトには情報がまだ伝わっていない?
通常は発売日前日に店頭に並びますが、年末年始の特別態勢で発売日は
2010年1月1日ながら、12月22日あたりに店頭に並ぶことも考えられます。
だから、Amazon.co.jpでは発売日が2009年12月23日のまま?

アラン・オデイさんのCD 投稿者:ヨハナーン  投稿日:2009年12月14日(月)22時30分30秒
u3さん、大変丁寧で詳細な御回答ありがとうございます。

いずれにしても私はオデイさんのオリジナル・アルバムは聴いたことがない・・・
どころか全米No.1シングル「UNDERCOVER ANGEL」すら聴いたことがないので、
「アペタイザーズ」だけでも買うつもりです。

AmazonやTower以外でも、私がふだん使っているHMVも含めて、普通に
買えるようです。なぜかAmazonだけ発売日が早いようです。

あと昨日「オディ」さんと書いてしまいましたが、O'Day=オデイさんと
すべきでした。

今晩9時から『中央流沙』2時間放送(09.12.14) 投稿者:トナカイ  投稿日:2009年12月14日(月)00時43分45秒
 本日、TBSでドラマが放送されます。“松本清張生誕100周年スペシャル
『中央流沙』”21:00〜23:04の放送です。

 元宝塚のトップスター、和央ようか(わおうようか)さんがヒロインの
ドラマです。シンシアが必ず見るドラマです。お見逃し無く。

 http://www.tbs.co.jp/chuoryusa/
クリックで拡大

RE: アラン・オディさんのCD 投稿者:u3  投稿日:2009年12月13日(日)21時56分40秒
ヨハナーンさん、情報ありがとうございます。

> 「アペタイザーズ」の4曲目の「ギフツ(GIFTS)」って、あの曲でしょうか?

あの曲です。

2009年9月6日に書いたように、『Cynthia Street』のAlan O'Day氏の
3曲は'73年のデモ盤に収録されていました。デモ盤を考えないのなら、
『APPETIZERS』の「GIFTS」はセルフカバーということになるでしょうね。
http://www.cynthiastreet.com/songs/covers.html

『APPETIZERS』はCD化されてしかるべきなのに今までCD化されて
こなかったことが不思議なくらいで、ずっとCD化を望んでいました。
ようやく日の目を見ることになりました。
今回の『APPETIZERS』のボーナストラック「JUST YOU」は、全米No.1
ヒット「UNDERCOVER ANGEL」のカップリング曲なのですね。最初の
Pacificからのシングルは「JUST YOU」がA面、「UNDERCOVER ANGEL」が
B面だったようですが、「UNDERCOVER ANGEL」がヒットしてAB面を
入れ替えたシングルがAtlanticから出たということです。
http://www.discogs.com/artist/Alan+O%27Day
http://k1ono-web.hp.infoseek.co.jp/a_alanod.html

Alan O'Day氏のアルバム・ミニアルバムとしては以下の
5枚+デモ盤1枚でしょうか。

『CARESS ME PRETTY MUSIC』('73)
    Warner Bros / Viva VV-2679
A1. SOMEWHERE SHE IS SLEEPING
A2. HEAVY CHURCH
A3. HELLO TREE
A4. CARESS ME PRETTY MUSIC
B1. CRUCIFIXION 2000 A.D.
B2. SONG
B3. GOOD BOOK
B4. EVERYBODY IS AN ONLY CHILD
B5. ANY ROAD

『APPETIZERS』('77)
    Atlantic / Pacific Records PC 4300(USA)
                               K 50394(UK)
A1. SOLDIER OF FORTUNE
A2. SATISFIED
A3. STARTED OUT DANCING,ENDED UP MAKING LOVE
A4. GIFTS
A5. SLOT MACHINE
B1. UNDERCOVER ANGEL
B2. DO ME WRONG, BUT DO ME
B3. CATCH MY BREATH
B4. ANGIE BABY
B5. CARESS ME PRETTY MUSIC

『OH JOHNNY !』('79)
    Atlantic / Pacific Records PC 4301(USA)
A1. HOW TO PICK UP GIRLS
A2. TONIGHT YOU BELONG TO ME
A3. OH JOHNNY !
A4. SKINNY GIRLS
A5. ENGLAND
B1. LOVE AT FIRST NIGHT
B2. TELEPHONE LOVERS
B3. PEOPLE WHO TALK TO THEMSELVES
B4. AIN'T THAT CRAZY BABY

『Undercover Angel 2001』('01)
 1. Undercover Angel 2001
 2. Creative Me
 3. WWW Dot Lonely
 4. Raining More Than Rain
 5. Allergies

『I Hear Voices』('08)
 1. My Rock 'n' Roll Shoes
 2. Blow My Blues Away
 3. I Hear Voices
 4. Kaziah's Children
 5. Things That Are Lost
 6. Hello Mom
 7. Halfway Cafe
 8. Sylvia Funky
 9. In Heaven's Eyes
10. The Thing About a Ring
11. Please Don't Believe Me
12. Woman on Top
13. Guide Me
14. Your Song Sucks


『Songs by Alan O'Day』()内はレコーディングした歌手・グループ
    DEMONSTRATION COPY ONLY
A1. FLASHBACK (73) (5th Dimension, Blue Swede, Paul Anka)
A2. CARESS ME PRETTY MUSIC (71) (Dewey Martin, David Clayton-Thomas)
A3. EVERYBODY IS AN OLD CHILD (72)
A4. THE DRUM (70&71) (Bobby Sherman)
A5. THE GOOD GUY GETS THE GIRL (71)
A6. SPIN AWAY (73) (Lettermen,Ted Neely,Cynthia)
A7. ARE YOU OLD ENOUGH (70&71) (Paul Revere and the Raiders)
B1. EASY EVIL (73) (45 releases as of this interview)
B2. GOOD BOOK (73)
B3. GIFTS (71) (Cynthia)
B4. DO ME WRONG, BUT DO ME (73)
B5. DAY BECOMES NIGHT (70)
B6. AMERICAN FAMILY (71) (Larry Carlton)
B7. GET IT OFF, GET IT ON (73) (Cynthia)

アラン・オディさんのCD 投稿者:ヨハナーン  投稿日:2009年12月13日(日)13時32分53秒
アラン・オディ(Alan O'Day)さんと言うと、アルバム『Cynthia Street』に参加
している方ですよね。近くアルバムがCD化されます。

『アペタイザーズ』と『オー・ジョニー』の2タイトル、紙ジャケット入り
SHM-CDという凝った規格で、初CD化だそうです。発売元のビクターのサイトや
Tower Recordでは2010年1月1日発売となっていますが、Amazonでは今年の1
2月23日となっています。

私は全く疎くてちゃんと紹介できそうもないので、内容については
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=2002085&GOODS_SORT_CD=101
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=2002078&GOODS_SORT_CD=101
を参照してください。

『アペタイザーズ』の4曲目の「ギフツ(GIFTS)」って、あの曲でしょうか?

船乗りジミー 投稿者:betti  投稿日:2009年12月09日(水)23時35分57秒
何なんだろう、ある番組をボーっと見ていて、この曲が思い浮かんだ。さてと
聴こうかな。『ハロー!シンシア』の1曲です。番組名が思い出せぬ!!。
今聴き終わったところ。良いですよ。皆さん聴きましょう(笑)

私の出発 投稿者:Shigeru  投稿日:2009年12月08日(火)00時12分41秒
今、聴き終わったところです。
昨日から『シンシア・プレミアム」の「20才まえ」を久しぶりに聞きたいとの思いに
かられていたのですが今日早めに帰宅できたので沙織節を堪能しました。
実は青森にいたころ派遣で来てくれいていて5年間いっしょに仕事をしたK氏が
とうとううちのプロジェクトを離れられるという連絡があり久しぶりに声を聞きました。

彼は私とまったく同じ年齢でまさに51才の「私の出発(旅立ち)」ですが
私一人では決してできなかったことを実現させてくれました。
私は青森を離れて2年になろうとしていますが今日送別会をすると青森時代の元部下
からメールが来てたので感謝の電話をしました。

いつだったかゴルフに行くのに私の車に彼と同乗したときにシンシアの洋楽カバー曲
を編集したCDをかけたら「懐かしいですね〜この声!」って言っていたの
想い出します。
「I'll be there」か何かだったかと思うのですが楽曲ではなくシンシアの声に
懐かしさを覚えたようでした。
シンシアの声って70年代に青春を送った世代には潜在意識に残っているんでしょうね!

ご無沙汰〜ん 投稿者:KINDO  投稿日:2009年12月07日(月)16時44分34秒
お久しぶりのKINDOです。Cynthiaとは関係ない内容のカキコですが、私がコメント
できる場所はココしかありませんでので、ちょっとコーヒーブレイクのつもりで
暫しのお付き合いを。
先日3年ぶりに、映画を劇場で鑑賞してきました。最近ではもっぱらDVD派になって
しまったのですが、たまには劇場の雰囲気を味わうのもいいかもと思い足を運びました。

映画は『2012』。内容情報はもう流れているので詳細は記しませんが、地球最後の日
を描いたもので、自然に対し人間は無力で小さな存在でしかないんだと、つくづく
思わされた作品でした。それでも人々は助け合い知恵を使って生き抜こうとする
賢明な姿がテーマとなっています。簡単に書くと「ノアの方舟」現代版といった
ところでしょうか。
劇場鑑賞は久しぶりだったせいか、音響のすごさに驚きました。音の効果なのか
爆風を肌で感じたような場面もありました。映像はあえて特筆しなくても、すごさは
コマーシャルなどで見ての通りド迫力ものでした。SF好きの私ですから充分楽しめました。

ところで、私同様、最近では劇場に映画を観にいかなくなった人も多いと思いますが、
今では格安で鑑賞できる様々な種類のチケットがあるのをご存じでしょうか?
レディスDay(毎水)、ふーふの日やカップルDay(毎22日)など映画館などで
違いますが、一人1000円くらいで観られます。ちなみに私は、夫婦50割引で
観て来ました。これはどちらか一人が50歳以上であれば一人1000円で対象に
なるというものです。Cynthiaファンはもう過半数の人が50歳以上になっている
でしょうから、堂々と利用しましょう!
それではまた、お会いしましょう。
さいなら、さいなら。

何気に・・・ 投稿者:betti  投稿日:2009年12月04日(金)22時24分17秒
というか、疲れこれきりで、食欲もなく、ぼ〜っとしていて、『アンソロジー・5』が
目に留まって、聴きいってしまいました。あれは素晴らしい。クリスマス・ソングも
入っているし…。お互い忙しいシーズン、是非これで乗り切りましょう?!
これは素晴らしい。絶対食欲出ますよ(笑)。

田山雅充さんのこと 投稿者:heisan  投稿日:2009年12月02日(水)22時26分30秒
 少し前に「人恋しくて」の田山雅充さんのコンサートのことが出てましたが、
田山雅充さんは元々は歌手ではなかったんですね。(皆さん、既に知ってられるか
とは思いますが)
 実は、所謂「怪獣映画」が好きで、少し前に東宝特撮映画DVDコレクションの
『モスラ』を見ていたのですが、見終わって冊子の方を読んでいるときに出演者に
「田山雅充」の名前を見つけました。主演の小泉博の弟役で出演されています。
 出演場面も多いのですが、かなりポッチャリ型だったので、見ているときには
気がつきませんでした。
 ついでに、20歳のザ・ピーナッツが見れました。昔は大変スマートなお姉さん
だと思ってたのですが、実に健康的なお姉さんでした。リアルタイムの記憶は、
この映画よりかなり後みたいですね。
 因みに、映画は、昭和36年(1961年)公開です。

 Cynthia Street 現在の伝言板

伝言板の入口に戻る
2010年01月    の伝言板を読む
2009年11月    の伝言板を読む

Cynthia Street の目次ページに戻る